スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲドアタック!

映画ゲド戦記感想速報

もはや公開から結構経ってるので速報でも何でもないんですけどね。

とりあえず見てきました。

(以下ネタバレ含む。)
全て鑑賞しエンドロールも流れきった後・・
一緒に見に行ったツレと共に感じたゲド戦記の最初の感想。


(内容が良く)分かんない。」

これが両者共に合致した意見でした。

ちなみにこのツレは以前(映画館に)ハウルアタックに付き合ってくれた所謂私のジブリ仲間。

当時映画館でハウルを鑑賞した後は、シリアスながらも宮崎駿が生み出した新しいジブリの形を見れたと感じ、観た二人ともなかなかの満足感を味わうことができたものです。

しかし、ゲド戦記は「分からない。」

それは「原作が分からない」
しいては「人物の背景が分からない」
最終的には「面白かったのかも分からない」

と総じて「・・・?」と首を傾げてしまう映画だったということです。

まぁ簡単に言えば、世間でも叩かれているように面白くなかったんでしょうね。

何よりも私が原作を読んでなかったのが決定的だったと思います。

「ハウルの動く城」は原作を読んでない私でもそこそこ楽しめる作品に纏められていたのに対して(逆に原作ファンには期待外れだったようですが)、「ゲド戦記」は原作を知らないと面白さが半減する作品という印象を受けました。

それは今回の映画で省略されている原作の前半に当たるゲドとテナーの邂逅の物語だったり、アースシーの世界観だったり、事前に知ると知らないでは背景が伝わりにくい映画の作りになっていたからです。

映画単体として見ても、魔法を魅せるのか、美しい自然を描くのか、アレンの覚醒を演出するのか、どこに焦点を絞って観てよいのか「分かりにくい」、結果要所要所で劇的に盛り上がる訳でもなく終盤までタラタラと話が流れていってしまっていた気がします。

しかし宮崎Jrはこれが監督第一作。
いきなり傑作を作れというのも無茶な話です。
映像演出としては中々光るモノを感じました。
今後の吾郎監督には、少しずつでも「映画全体」の質を上げる成長を期待します。

「面白いアニメ」を作るってことはやっぱり本当に難しいんだろうな。




帰り道:
映画館からの帰り道・・
ジブリを見たせいか、そしてその映画がイマイチだったせいか・・

唐突にラピュタが見たくなりました。

今まで私が出会ったアニメ映画の中で、未だに最強のアニメ映画と言わしめるアニメ。無論数あるジブリ作品でも最強。
これに対抗できるのは見渡しても正直AKIRAぐらいしか見当たらないのですが・・・映像、音楽含めた衝撃度ならAKIRAですが、単純に話の面白さならやはりラピュタに分が上がります。
何より、少年期にラピュタを見てしまったのも一番大きい。思い出が面白さを倍加させている。

ともあれ帰りの足で最寄のレンタルビデオ屋さんにGO。
ジブリコーナーでラピュタを探すが・・










あろうことか全巻レンタル中

OTL








おぃおぃ・・ありえなくね?

一時的とは言えラピュタを置いてないレンタル店とかどうなのさ。

これはアレか。私みたいなゲド→ラピュタコンボを望んだヤツが続出したってことなのか。

それとも夏休みは子供はラピュタを見るのが日本の夏なのか。

いやそれだったらトトロだろ。メイちゃん見とけばいいじゃない。

というかハウルは20本近く置いてるのにラピュタは2本しかないこのレンンタルビデオ屋も頂けない。







そもそもいい年してラピュタ一つでこんなにモヤモヤする私が大人気ないのか。

うんそうなのか。

分かった寝る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。