スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃え尽きたレジスタ。

日本、先制するもブラジルの猛攻で4失点を喫し、無念の予選敗退

皆様もご存知の通り、カナリア軍団を本気にさせるとこういう結果が待ってた訳で・・・

特にロナウドの四点目は正に「ロナウドゾーン」。
彼のゴールへの嗅覚だけが嗅ぎ分ける領域があるかのようでした。


それでも日本にも見せ場はありました。

まず

川 口 ・・・  ネ申!

クロアチア戦でもそうですが森崎君が覚醒。四失点はしましたが神がかりのセービングはブッフォンにも負けてなかった。川口がいなかったら倍は取られていたかもしれない、冗談抜きで。
ヨーロッパ市場のスカウトの目に止まってくれないかな・・もう歳ですが。

サントスのスルー、玉田の左も言わずもがな。


しかし後半の地力が最後まで圧倒されたのが予選全体の課題ですかね。


そして何と言っても胸を打ったのは試合終了後、ピッチに倒れ伏した中田の姿。

(ユニホームで顔覆い、立ち上がれず 中田英)


ブラジルの交換したユニホームで顔を覆い、見せた涙。

「あの中田が涙を見せる。」
一瞬誰もが目を疑ったんじゃないでしょうか。

そしてそれは皆さんの目にはどう映ったでしょうか?
果たして彼の姿を笑うことができたでしょうか?

誰よりも日本代表に対し真摯に取り組み、勝利の為に厳しい発言を繰り返し、敢えてヒールになりながらも日本を牽引してきたヒデ。

今回が自身最後のW杯となるが故、日本の中で唯一三度のW杯でいつも主軸としての責任を負ってきた故、正直ブラジルに最も勝ちたかったのが中田だったと思います。
胸を借りようなどという甘ったれた根性は一切持たず、ブラジルという大国に対し本気で2点をもぎ取ろうとした。

だからこそ惨敗という結果に誰よりも悔しかった。

ジョホールバルでの勝利をお膳立てし、周囲の不協和音、中田不要節に苦しみながらも、ポジションを変えながらもただ、ただ、ひたすらストイックに8年以上の時を経て日本を三度のワールドカップの舞台に導いた柱。

そんな中田の長いワールドカップの戦いが今終わったのです。

ピッチに残ってただ一人、こらえきれずに流し続けた彼の涙はそんなあらゆる想いが集約されていた気がします。


私は、きっと一生今日の中田の涙を忘れることができないでしょう。


お疲れ様ヒデ、日本のレジスタよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。