スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の少年漫画②【まがじん編】

唐突に始まった企画第二弾。

今回はマガジン編。

しかしマガジンのある漫画のせいでえらい長々と描いてしまいました。
(マガジン部門)
▼スクールランブル
長かった・・・ここまで余りに長かった・・・そう・・つまり・・


特大播磨×沢近フラグキタ━━━━━━( ゜∀゜)━━━━━━!!!!

思えば私がスクランに本格的にハマる起爆剤となった運動会以後、播磨と沢近の二人は沢近の見合い、年末年始のバイトなどありましたが急接近とまではいかず不完全燃焼の感が否めないでいました。

それに伴い私自身この作品の熱が薄れていったのも事実です。
確かに播磨にはスクラン人気投票1位の八雲とのフラグも横で控えています。
しかし何故かそれはそこまで燃えることはできない、いやそれでも十分面白いのですが。八雲というキャラは魅力的だと思いますが恋愛模様として読んでて面白いのはやはり播磨と沢近だと感じます。

その恋模様の鬱憤をこの修学旅行というイベントでおもっきり晴らしてくれることを期待します。時期的にも烏丸の一年というタイムリミットも近づいてきてる筈ですしね。


▼はじめの一歩
正直今回のレビューもどきはこの漫画に触れる為にあったのは秘密です。
コミックス70巻も超したにも関わらずもはや終わりが見えなくなってきているこの作品。しかし宮田戦が流れましたがいよいよ一歩の世界への道が開かれ、残される問題もやっと数えられるようになってきたと思います。

私が思いつく限り挙げてみると


①板垣学をどうするか。
星戦で有り得ない覚醒を果たしてしまった板垣。ハッキリ言って私は板垣は今フェザー級でリカルドに次いで強いと思います。

ではその板垣をどう扱うか?と考えた時、彼は国内タイトルなら簡単に手中に収めてしまうでしょう。

すると見える敵はどうなるでしょうか。そう、それは憧れ続けた幕の内一歩になるのではないでしょうか。

同門対決は確かに厳しいですが海外タイトルの舞台で争うという形なら舞台も決して悪くはありません。

そしてこの流れを考えた起因になったのが、

②宮田の二世対決
これなんですよね。宮田が一歩との対決を避けてまで拘った実父を東洋タイトル戦で倒した男の息子との対決。本誌では完全に相手の正体は明らかにされませんが伏線の時点で敵は二世であることはほぼ間違いありません。

宮田は既に世界ランキングに名を連ねる程の実力者です。この二世対決を制したら当然世界に羽ばたくでしょう。

そうすれば空席の東洋王座を幕の内が奪取し、そこに板垣が挑戦するという流れができます。

つまり宮田VS二世、一歩VS板垣が宮田と一歩の世界前哨戦となると考えます。

そして宮田は世界王座を奪取し、一歩のラスボスは世界チャンピオンの宮田とすれば二人の因縁の対決はこれ以上ない舞台で繰り広げられることになります。

しかしそこで問題となるのが

③リカルドを誰が倒すのか
フェザー級では世界でももはや敵無し、伊達さんの挑戦を打ち砕いたその様はまさに最強の名に相応しいWBA世界フェザー級王者リカルド・マルチネス。

もし彼を倒すとするならば、伊達からバトンを受け取った一歩が適任となるのでしょうが、リカルドを倒して一歩が世界チャンピオンになると宮田との決戦を残したまま最終回と言う事も有り得ます。

そこで終わらず世界タイトルの舞台で②で考えた設定とは逆に世界チャンピオン幕の内一歩VS宮田で最終回としてもいいのですが最終回が一歩が挑戦者の立場でなく防衛する側とするのも萎える要素となってしまいます。

となると
リカルドを倒すのは宮田、としてもいいのですが最強の敵を主人公以外が倒してしまうのもどうかなぁと。

宮田が挑戦するが惜しくも敗れ→一歩が宮田の雪辱を晴らすとしてもいいのですがそうすると『VSリカルド戦を一歩、宮田で二戦も描かねばいけない』『宮田と一歩との対決は叶わないまま』という問題が生まれます。

と色々考えた結果、更には一歩VS宮田が流れたことを踏まえ二人の対決は世界戦に持ち越されそれが最終回になったと見ると、リカルドを倒すのはやっぱり宮田が妥当と言えそうです。


でもあくまで全て予想の段階ですので・・これとは全く違った展開
になっても申し訳ありませぬ。

うーん、考えれば考える程まだまだ終わりそうにないなぁ・・orz



▼あひるの空
円×百春フラグキタ━━ヽ(゚∀ ゚)ノ━( ゚∀)ノ━( ゚)ノ━ヽ( )ノ━ヽ(`)━ヽ(ω・`)ノ━ヽ(´・ω・`)ノ ━━!!

え?(´・ω・`)
ていうか円って百春のこと好きだったのか?wwww

空は失恋しちゃうのか・・でも、ってことは空×ナオのカップルで行くってことなのかな。円さんけっこう好きだっただけにできれば主人公である空と上手くいって欲しかったんですが、円は空には弟みたいな感情しか抱けないから百春フラグにいってしまったんですかね。もしかして今までも円×百春のフラグ立ってたけど見落としてたんだろうか。



ってあひるの空だけテキトーだなwwwwwww


いや一歩レビューだけで燃え尽きてしまったんですよね・・(´・ω・`)ショボーン





じゃあ頑張って最後のサンデーレビューするかw(;´Д`) ハァハァ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめの一歩最終回大胆予想!

1、一歩が宮田を倒し世界ランク一位になったあと、
  一歩対リカルドの世界戦のゴングがなって終了
  「それなんてH2?」

2、宮田・リカルドと強敵を立て続けに倒し、
  晴れて世界チャンピオンになるものの、
  初防衛戦の板垣相手に嘘のようにぼろ負け。
  「それなんてスラムダンク?」

3、引退し釣舟屋を継いだ一歩。
  今はまだ半人前だけど・・・、
  一人前の水先案内人(ウンディーネ)目指して日々練習中!
  「それなんてARIA?」

4、魔法のグローブで宮田君を撲殺♪
  大丈夫!不思議な擬音で元通りヽ('ー')/ぴぴるぴー
  でもこれって僕の愛なの♪
  「それなんて撲殺天使ドクロちゃん?」


どう見てもネタです。本当にありがとうございました。

あとの方はひどいですねww

円×百春フラグ⊂(。A。⊂⌒`つワショーイ
この2人は空よりもお気に入りのキャラなので、このフラグは個人的には大歓迎ですね(´ω`*)
といってもまだマガジンを読んでないので、一体どういう状況なのかよく分かっていなかったりもしますが(ぉ
取り合えず明日ダッシュで書店に確認しに行こうと思います(・∀・)

そしてもう一言付け加えるなら、個人的にはアフロ×ナオのフラグが立つ事を期待ヽ(´ー`)ノ


え、それは無い?それは残念(´・ω・`)

・・初コメントがこんな内容で真に申し訳ないです・・(つД`)

>>すずさん
ちょっwwwwwwww

これは すごい 大予想

>一歩が宮田を倒し世界ランク一位になった
これは私も考えたんですが・・タイトル戦以外で彼らがぶつかってしまっていいのかなぁ、と悩みました。そう考えると本当に何故東洋タイトルでぶつかっておかなかったのかが不思議なところで・・でも一番話が上手くまとまる可能性があるとしたら世界ランク1位をかけて戦うのは相当良い案ですねb

>一歩対リカルドの世界戦のゴングがなって終了
うわぁwwwwwありそうだwwwwwwwwww

私もこれは一歩VS宮田戦でやりそうかな、と思ったりしましたw

ちなみに1、2、3、4はもれなく爆笑させて頂きましたwwwwwwwと・・とくに4が (*´゚∀゚);*゙.・;:.。゚;.∵ 

>>xephonさん
うおおおお!!!これはこれは初コメントどうもですw

>円×百春フラグ
そしてまさかのこのフラグ支援者だったとは・・w
ということは、ある程度読者の需要に応えたフラグということなんですかね。

二人が決定的に動いたのは実は今週ではなく先週号だったりします・・今週はその余韻が描かれてるだけなのでパッと見分かりにくいかもしれません(´・ω・`)ショボーン

>アフロ×ナオのフラグ
これは私も面白いと思いますねwただ、そうなると空が主役なのにヒロイン(相手役)が不在ということに陥ってしまう訳で・・そこが頭が痛い所です。

まぁそんなこと言ったら某桜木くんも恋愛的にはハルコさんとは上手くいってないまま終わりますがw

漫画ネタに反応してもらえたのはレビューを書く冥利に尽きます。

これからもxephonさんにも楽しんで貰える様なレビューを書いていけたら良いな、と思いますw
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。