スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンクーバー始まりましたな

さて、早いものでこの前北京がやっていたと思っていたら、いつの間にかバンクーバーが来てしまったようで・・・

前の北京は何故か僕自身ほとんどTVでロクに見もせず周囲の話題からもポツリと取り残された感があるのですが、今回のバンクーバーに対しては浅田真央が一体どういう演技を見せるのか気になる所もありますので全体的に北京よりは関心は高いです。

で、今日早速序盤の山場とも言える『女子モーグル決勝』が行われた訳ですが・・・

上村、惜しくも4位=村田8位、伊藤12位、里谷は19位〔五輪・フリースタイル〕

周囲の注目を集めた上村愛子は健闘届かず4位という結果になりました。

ただ、僕自身今回はじめて女子モーグルという競技を真剣に観戦した気がするのですが、正直ここまで攻め込まないと勝てないのか?という程転倒者が続出する展開。

『え?何でこの人たちこんなスピードで降りて吹っ飛ばないんだ?』

実際予選で上位に入ってた選手や、日本の里谷も含め多くの選手が吹っ飛びまくってたのですが、その中で25点以上の成績でメダルを獲得した上位三人は、素人目に見ても明らかに次元が違うというか、限界ギリギリの滑走をしているように感じました。(吹っ飛ばなかったのが幸運に見えた)

対して上村愛子は安定はしていましたが、そこまで攻め込んだという印象が無かったのが正直な所です。

ただ上村は五輪のメダルを未だ獲得してませんし、吹っ飛んでもOKという『ギャンブル』に賭けるよりかは、何よりもまず『確実な走り』をしなければいけないという想いが人一倍強かったかもしれません。(逆に言えばその走りで4位に食込んだのは上村の滑走の完成度の高さを物語っているのでしょう。)

と言うか、試合直後はどうも今回は(も)マスコミが持ち上げすぎたんじゃないか?という印象が強く、戦績などを見ても上村は一年以上前にピークは過ぎており、最近のW杯では上位に食込むのもやっとのようで、特に今回のメダル受賞者の半ば特攻にも似た滑走を見る限りもとてもじゃありませんが『勝って当然』の状況には見えませんでした。それでも勝とうとするのなら、それこそ1位か転倒かの博打にも似た滑走で臨まねばならなかったでしょう。

だから僕は上村の4位という成績は素直によくやったんじゃないかと思いましたし、自身の五輪の7位→6位→5位→4位という結果を
「何で、こんなに一段一段なんだろう・・・」
と表したコメントは感極まるものがありました。周囲からの期待に添えなかった自分、今までの五輪への想い、色んなものがこの一言に凝縮されていたと思います。
たとえ金メダルの歓喜の瞬間を見れなくても、上村愛子という人の長年の想いが凝縮された『4位の滑走』を見ることが出来て良かったと思いました。

今は上村にはとりあえずお疲れ様でした、と言いたいですね。年齢的にも結婚生活的も次回五輪のゲレンデに立つことは難しいかもしれませんが、俺は上村を応援してるぞー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。まず記事とはだいぶ遅い時期のコメントになることをお許しください。

>何でこの人たちこんなスピードで降りて吹っ飛ばないんだ?
男子もそうですが凄まじいスピードですよね。よく体がバラバラにならないと思います。特に銅メダルのシャノン・バーク選手が高得点を出してから、激しさが一層増した気がします。

>上村愛子は安定はしていましたが、そこまで攻め込んだという印象が無かった
シャノン選手の好滑りに惑わされず、自分の滑りをしたのは素晴らしかったです。ですが、その安定した確実な走りだったからこそ、大ばくちを賭け、それに勝った選手たちには、勝てなかったんでしょうねえ・・・。

一方上村選手と対極的だったのが里谷選手。転倒するまではブランクを忘れさせるような鬼気迫る走りでした。こう言うと上村選手に失礼かもしれませんが、あれがメダルを取った人の滑りなんだなと感じました。

どっちの滑りがいいかはわかりませんが、オリンピックのレベルの高さを感じさせる滑りであったことは間違いありません。一段一段なら4年後のオリンピックは銅メダルのはず。上村選手には念願のメダルを目指して頑張って欲しいです。

返信遅くなってごめんなさい(´・ω・`)

まずはお久しぶりです!烈風さんもお元気にされてるようで何よりで・・・

やはり気になるのは里谷選手が転ばずに完走していたらどうなってたか・・・という所ですよね。
もちろん上村選手と比べて、既にメダルを獲得している里谷だからこそ、おもっきり攻め込めたというのもあるんでしょうが、それでも『このコンディションでは大体この位攻めねば勝てない』と直感で分かっているかのような、メダリストならではの走りを見た気がします。

ただ歓喜のメダルの瞬間も心に残るものですが、上村のような積年のメダルへの感情が観る者にも伝わり、なおもメダルには届かない走りというのも、メダルの瞬間と同じくらい、観戦してる者の胸を打つというのを今回改めて思いました。

次回もしソチに出場出来るのなら、僕も上村がメダルを獲得する瞬間を、(何色のメダルでもいいので)是非見てみたいものです。
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。