スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリル!ドリル!男なら・・・ひたすらドリルッ!

天元突破グレンラガン (制作/GAINAX)

・公式サイト
・無料視聴まとめ


てな訳で久々に現行で追っ駆けながらアニメを見ています。

天元突破グレンラガン-----
現在14話まで視聴完了。

いやーこりゃ熱いわ。

一時スタッフのネット上での暴言問題が世間を騒がせたりもしましたが、久々にこう・・熱いGAINAXが帰って来たって感じでしょうか。

とにかく「熱い」ことを追求する、スタッフの姿勢が良く感じられます。

①ロボット面

ロボットは基本的に「ガンメン」という二頭身のロボが基調となっており、どちらかと言えば洗練された・・というよりはダサいフォルム。
ただそれがこのアニメの暑苦しいノリだとどんな機体もダサカッコ良く見えてしまうから不思議です。

主役機グレンラガンの武器であるドリルの自由度も正に適当の一言。

全身から全方位ドリルを発射できれば、自身の何倍もの大きさの超巨大ドリルを作り出す。

それに比例してグレラガンの強さ自体も一体だけ無茶苦茶なんだけど、それが「無茶な設定を通り越すと見ていても気持ちよさを覚える」という良い一例に映ります。

登場キャラでもあるカミナの言葉を借りれば「無理を通して道理を蹴っ飛ばす」、そう、論理や細かい説明は抜きにしても、ロボットアニメにはこういう「無茶な熱さ」がやっぱり必要なんですね。

グレンラガンの動力源や機構を深く考える事すらむしろ蛇足とまで思えてくるのが困る(汗)


②キャラクター面

登場キャラでは基本的にカミナだけでご飯三合はいける、そう断言できます。

第一話で主人公シモンに対して自分のことをカミナではなく敢えて”兄貴”と呼ばせ、以後シモンも彼を兄貴と呼び慕い続け、カミナ自身もそれに応えるべく凄まじい兄貴っぷりをを見せ付け、TVの前の世の多くの男達も彼を「兄貴ィィッ!」と愛してやまなかったと思います。

後は檜山修之演じるヴィラルが、敵方にも関わらず熱血絶叫キャラを見事に演じているのも高ポイントでしょうか。


③パロディ面

基本的にボクシング漫画「あしたのジョー」を意識してると思われるシーンが随所に見られます。

その他にも、私が確認しただけでも、「これはパロディなのでは・・」と思われたネタは以下の通り。

・ジョジョの奇妙な冒険
・伝説巨神イデオン
・交響詩編エウレカセブン
・新世紀エヴァンゲリオン
・逆境ナイン
・ユンボル

私が確認しただけなので、見る人が見ればこれからももっと出てくるでしょう。

(ガイナなのでEVAは抜きにしても)ガイナ自体がパロディを元より挟む風潮があったので、今作のパロディもむしろ物語を盛り上げる為のネタとして効果的に挟み込んでいる、といった印象です。

例えば、第三話の1シーンで
JOJOの「無駄無駄」→あしたのジョーのクロスカウンター
と繋ぎ合わせることで、燃えるシーンを演出する為の要素として敢えてパロディを(上手く)引用しているかと。


④歌

とりあえずこのOPを見て、そして聴いて欲しいんだ・・・



どうでしょうか・・ちなみに僕は

(以下これを初めて聴いた時の心境)







『どうしたんだろう・・僕の耳はおかしくなったんだろうか?』











『すごく・・・・いい歌に聞こえます・・・』









そして・・そして僕は・・・・








しょこたんを見直したんだ・・・・









なんか・・・・・フツーに歌上手いやん?













GJ!!しょこたんGJ!!

このアニメのOPに合ってる!良曲投下感謝!











さて・・最後になりましたが・・(ぇ
⑤あのシーンをもう一度

とりえあず今更感バリバリですが、名シーンの記録の一環として、第八話よりカミナとシモン、二人の義兄弟の熱い遣り取りを一言一句抜粋して残しておこうと思います・・・





(コメント色)
赤:カミナ
青:シモン
他:大グレン団のクルー達





(敵要塞ごと暴走するシモンに対して)
『一体どうなっちまったんだよ!?』
『ダイガンザンが暴走してるよ!』
『このままじゃ火山の火口に・・!』
『しっかりシモン!聞こえないの!?』




(そのクルー達の声をコクピットで聞きながら)
カミナ 『おちおち寝てもいらんねぇか・・・』


     『シモン止まれ!シモン!



シモン 『駄目だ・・・俺にはもう・・何も・・何もできない・・』






『シモン・・・歯ぁ食いしばれぇっ!』



『!!』



モニターに映るグレンからのロケットパンチがラガンの顔面に突き刺さる。



『がはっ!・・うぐっ、ぐっ、ぐっ、ぐうっ!』



コクピット内でパンチの衝撃に転げ回るシモン。



そしてモニターに映ったのは、撃墜されたと思われたグレンの姿。




『生きてたの!?兄貴!?』


『シモン・・お前自分を誰だと思ってやがる?』


『はあ・・うっ!』



自機グレンを操り、高々と天を指差すカミナ。



ten.jpg


『お前のドリルは・・天と地と・・明日を貫くドリルじゃねぇか!!

『こんな所で何モタモタしてやがる・・俺たちゃ勝ったんだ!そのデカブツはお前のモンなんだ!何も不安なこたぁねぇ!






『兄貴・・・・・・・うんっ!




その目に再び正気を取り戻し、暴走せずに敵艦ダイガンザンを完全に自分のコントロール下に置く事に成功するシモン。


しかし自艦を取り戻さんとせんため、間髪入れず四天王チミルフ率いる敵部隊がシモンら大グレン団に襲い掛かる。


『諦めの悪いケダモノ親父が・・シモン・・来い・・一気に蹴散らすぞ・・』


『え?』


合体だよ・・最後のシメは・・グレンラガンで決めてやる!!


『分かった・・兄貴・・!』


『いくぜ!』


グレンとラガン。義兄弟の二つの愛機は今ここにグレンラガンとして合体、シモンとカミナ、復活を遂げた名コンビによる燃ゆる口上が炸裂する!



『無茶で無謀と笑われようと 意地が支えの喧嘩道』


『壁があったら殴って壊す 道が無ければこの手で作る』



『心のマグナが炎と燃える!』


『超絶合体!グレンラガン!』




20070703105619.jpg

              『俺を!』



kamina.jpg

              『俺達を!』


iyagaru3.jpg

       『誰だと思っていやがる!』



二人の合体を祝すかのように、背後で派手に号砲を上げる火山。



ヨーコ『かなわないなぁ・・』


覚醒したグレンラガン。

その力は留まる所を知らず、単機にも関わらずチミルフ以外の敵を一掃。

更にはチミルフが放った衝撃波すら片手で受け止め敵将を圧倒する。

いよいよダイガンザン攻略戦、最後の決着の瞬間が迫る。





カミナ 『いいかシモン・・忘れんな・・お前を信じろ・・』


kamina2.jpg



『俺が信じるお前でもない・・お前が信じる俺でもない・・』


『お前が信じるお前を信じろ・・』


『あ、兄貴?』


『ひぃっさぁぁぁぁぁっつ!!』


装備の一部であるグラサンを投げつけ、チミルフの機体「ビャコウ」の四肢を封じるグレンラガン。

giga.jpg

        『ギガァァァ』




doriru.jpg

        『ドリルゥゥゥ』




break.jpg

  『ブレイクゥゥゥッッーーーー!!』


一瞬で右手から自機の数倍の大きさの巨大ドリルを作り出し、それ諸ともグレンラガンごと対象に特攻するという驚天動地の必殺技が炸裂、最後まで自軍を苦しめた四天王の一角チミルフをここに討破るのであった。

その後、兄貴が残したこの回(第八話)のタイトルでもある名言は・・・・
敢えてここでは記さないでおきます。

文面で表すよりも、その場面だけは直に御自分の目と耳で感じながら確かめて頂けるのが一番かと思います。



さて長々と作品感想(兼紹介)を語って参りましたが・・・・

2クール作品(全26話)と聞いてるので、残す所はあと12話ですか。

最終的な評価は放送終了まで見ないことにはどうなるか判りませんが、カミナという人物を世に送り出したのもあって現時点ではかなりの名作の匂いを感じています。

できればこの熱さと勢いを保ったまま、天元突破グレンラガン、最後まで突っ走って欲しいと願いつつ記事を終えたいと思います。

頑張れシモン。頑張れ大グレン団!

(追記編集するかも)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>グレンラガン

あー、これみたい。見たいです。

といっても僕は基本的にアニメを見ない人間なのでどれほど面白さを理解できるかは分からないのですが。

でもこれ見て面白くなかったといっている人を知らないんだよなー、とりあえず兄貴見たい。兄貴に惚れたい。


>中川

どちらかというとhappily ever after が好きな僕です。
それにしてもうめえなぁー アイドルってレベルじゃねーぞ!
といいたい。

ヨーコのせいでずっと深夜枠だとおもって1クール見逃していたために視聴をあきらめた俺が来ましたよ・゚・(ノд`)・゚・。

いまDVDの購入をリアルで検討中…。ナディア、トップの頃の熱いGAINAXをもう一度感じてみたいものです。

それまでの足りないドリル分はスパロボOGsのゼンガー親分とトロンベ兄さんが補ってくれるはずさー

>>左手さん

おー。そうですか!

一応そこまで絵も萌え萌えしてないので、アニメアニメした抵抗感は少ないかもしれません・・・

・・・・みたいなことを書こうと思ってたのですが、どうやら既に見ていらっしゃるみたいで^^;

今さらですが、グレン兄弟になれて嬉しい限りです(ぉ

>どれほど面白さを理解できるか

かくいう僕もそこまでアニメは詳しい方ではありませんが、(もう既に御存知だとは思いますが)ノリは基本的に熱血バカなので、アニメを見る上で難しい要素は何も考えず頭を空っぽにしてストレス発散的に鑑賞できる作品と個人的には思います。

>兄貴

最近のMER的抱かれたい男三本の指に入ります(まて

>happily ever after

そっちいきますかw

それも良い曲ですよね~。空色デイズ含め両曲とも爽快感や歌詞がグレンの痛快なイメージによく合ってると思います。

中川さん、正直なめてましたごめんなさい(><;)

>>エピタフさん

>おっぱ・・じゃなくてヨーコ

あるあるw

ナカナカけしからん容姿をしておられますからね。。お色気アリのガイナとは言え、日曜の朝にしてはちょっとやりすぎなキャラかと思います(汗

まだ1クール過ぎただけなので、エピタフさんのソウルならネット視聴で追いつけそうな気もしないでもないですが、確かにOGsと両立ならば時間的にも厳しいかもしれませんね(´・ω・`)

ノリもそうですが動画の質としてもガイナらしい熱さを感じる作品なので画質を重視するならばやはりDVDで楽しむのが賢明かもしれません;;

>ゼンガー&トロンベ
PS2が逝き、うちで稼働してるゲーム機はFCしかない俺にとっては、二人の活躍を見れる貴方が羨ましいぜ!(涙

カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。