スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢散った女王 返り咲いた女王

今日はあの日本中が歓喜に湧いた瞬間にプレイバック。

いや~久々に見ましたよ金メダルを取った瞬間をリアルタイムで!

しかも女子フィギュアスケートと言えば正に五輪でも花形。なんでこの人たちがスポーツしてるんだ?と疑問を感じる程モデル級の美女たちが銀盤に舞い、競い合うその様は夏季五輪で言えば陸上男子100mに匹敵する程個人的には世界中の注目を集める競技だと思います。

その表彰台に日本人が上り君が代が流れた。

軽々しく使う言葉ではないかもしれませんが、日本のスポーツ史に残る歴史的快挙だったと思います。

確かに今回の女子フィギュア日本勢は周知の通り前評判は高かったです。
しかし、才能がひしめき合ってはいましたが、金を誰かが取れるだろうと確信できる程突出した存在はおらず、世界の壁はまだまだ高い、それが素人なりですがオリンピック開催直前の私の印象でした。

特にライバル達の中でもスルツカヤという存在は際立っていました。もはや数え切れない輝かしい戦績を残し、円熟味を増した彼女の演技は正に女王。女子ゴルフで言うならソレンスタムがそれに当てはまると言っても過言ではないでしょう。

私も何度か彼女の演技を見ましたがとにかく美しい。転倒する雰囲気なんて毛頭見えず、こう言ったら何ですがたとえ四回転ジャンプを成功したとしてもそうそう勝てる気なんてしないんじゃないかと。

荒川はたしかに素晴らしい演技を披露し190点を超えるという高得点を叩き出しました。

しかしそれでも演順ラストに現れたスルツカヤの姿を見た時私はまるで自分のことのように不安を隠せないでいました。
しかも数々のタイトルを総ナメしてる彼女も五輪の金メダルにだけは未だ縁がなく、その分人一倍この演技に賭ける想いは強かった筈です。

しかしまさかの転倒。

事実上この瞬間勝利の女神は荒川に微笑み、スルツカヤはソルトレークに引き続き涙を飲むことになりました。

そして結果金メダルに輝いた荒川ですが、フィギュア日本勢でも実力的にも筆頭と言える存在ではありましたが、世界選手権を制した二年前とは異なり、昨年は伸び悩み一度は引退を考えました。

年齢的にもベテランの域に入り、それ故次々に出てくる日本の若い芽に焦り、内心苦しんだのは想像に固くありません。

しかし彼女は再び表彰台の天辺に還って来ました。しかも五輪という最高の舞台で。

金メダルを誇らしく掲げる彼女の笑顔は本当に輝いていました。女性はやはり笑顔が美しい、そして彼女自身もここまで美しく笑うことができるのは人生で何度もないでしょう。苦しんだからこそたどり着いた、文字通り100%の笑顔がそこにありました。

最後になりましたが、今回の女子フィギュアで感じたこと、それは五輪で勝つ為に必要なのはやっぱり運であるということ。
運も実力のうち。正にその通りです。
アメリカのコーエンは二度の転倒があったにも関わらず銀メダル。両方とも成功していれば配点の上では荒川も及ばない高得点の筈でした。勿論コーエンの後に演技した荒川がコーエンを見て構成の難易度を下げたのもありますが、そう考えると演技順そのものも運が荒川に傾いたとも言えるでしょう。

実力を超えた運をたぐり寄せ、さらには日本唯一のメダルであるこの金は本当に価値があるものだと思います。

改めておめでとう荒川!!そして感動をありがとう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。ちょくちょく覗かせてもらってます。

あとから言うにはスルツカヤがこけなかったとしても、荒川の得点を上回ることはほぼ不可能だったらしいです。完璧に演技しても勝てない、最終演技者としてのプレッシャー、周囲の期待などいろいろな精神状態が入り乱れていた中の演技だったと思います。
荒川にしてみればまさに取るべきしてとった金と言った感じで、完璧というよりもベストを尽くした演技だったと思います。歴代の金メダリストのような驚くような演技ではなかったけれど、ギリギリのところで踏ん張るような泥臭さを感じる演技で熱くなりました。あれだけ音楽とかみ合った演技は見たことがありません。遅くも速くもないなんともいえない不思議な滑り。いやーほんとよかった。では失礼しやす!

初めまして。今までROM専でしたが、ようやくレスの機会が・゚・(つД`)・゚・

私も最初はスルツカヤが金だと踏んでいましたが、まさかこうなるとは思いませんでした^^;
コーエンは練習の時から調子があまり出ていなかったので、銀かなぁと。そして荒川さんは無難に3位かな、ってのが私の直前の予想でしたが、いい意味で予想が外れてくれましたね。

スルツカヤは「金」を意識しすぎた感が強いですね。どうもジャンプも予定通りいかなかったみたいですし、練習の時からどことなく表情が虚ろでした。
コーエンは若いですからね。やはり場数と言うものを踏まなければ、金には届かないでしょう。
しかし、幾度の修羅場をくぐり、そして場数を踏んできたスルツカヤも本番では失敗してしまいましたし、オリンピックという究極の舞台では、マーさんが言うとおり、「運」によって左右されるんですかね。

そんな「女王」でも萎縮してしまう舞台で、自己ベストを叩き出した荒川さんは凄いの一言です。
本当におめでとうございます。

では、また機会があればちょくちょく来たいと思います(*゚∀゚)ゞ

ツ、、ツヨシさんではありませんかー!?∑( ̄口 ̄)


どうもどうも、よくぞおいで下さいましたo(_ _)o

スルツカヤの得点構成でも金は無理だったんですか~それは初耳です。ということも含めてやはり極限まで追い込まれたいたんでしょうか、あのスルツカヤがミスをしたなんて未だに信じがたいです。

荒川の演技は私もとりあえずノーミスでさえ行ってくれれば、と冷や冷やしながら見ていたんですが選手に掛かるプレッシャーは想像を絶しているんでしょうね。仰る通り、私もミスを必死でかわしている綱渡りのような演技に映りましたが会場からは思わぬ大喝采。演技をする競技ならではの光景でしたが、まるで映画の1シーンを見ているようでした。

音楽とフィギュアの調和、現場でしか味わえないような臨場感がきっとあったんでしょうね。スポーツという名の芸術を見た気がしました。荒川さんはやっぱスゴかった!(ぁ


>麒麟さん
なんと、麒麟さんまで来て頂けるとは!o(゚∇゚*o)(o*゚∇゚)o

いつも突っ込みに記事で申し訳ありません・・(*´Д`)


麒麟さんの競馬のパドックを眺めるように選手の練習からチェックされる姿勢が素敵ですw

コーエンは確かに調子悪かったみたいですね。ただ、それでもミスを持ち直して高い得点に持ってくるあたりさすがだなぁと思いました。

本命のスルツカヤもいつもの余裕は感じることができませんでしたね。それ程フィギュアをする者にとって五輪は特別なんでしょうか。

フィギュア自体あまりに選手の寿命が短いスポーツなので、彼女をもう五輪で見ることをできないかもしれませんが一人の選手として本当に偉大な選手だったと思います。

しかし昨年のグランプリファイナル、スルツカヤがベストの演技をしたにも関わらずそれを破ったのが浅田真央なんですよね。順調にいけば彼女こそ第2のスルツカヤになれると思います。

そして荒川と浅田が次回五輪の舞台で本命同士として金を争う。そんな夢のようなシチュエーションを考えてしまうと日本人としてこの上なく震えるものがあります。

残念ながら荒川は今季で引退を示唆していますが、浅田には彼女の金を受け継いでくれることを願ってやみません。

長々と語ってしまいましたが、初コメントありがとうございました!
これからも(更新速度は微妙ですが)なんとかやっていこうと思いますw
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。