スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どろろんぱ

てな訳で先日映画「どろろ」を見てきました。

原作はかなり前に読んで手塚作品の中でもけっこう好きな部類だったので(ちなみに一番好きなのはブッダ)ある程度期待をして映画館に乗り込んだ訳ですが。

原作の世界観を崩さずそこそこの出来映えだったと思います。

以下簡単にレビューでも。

【良かった点】
何と言っても「どろろ」の見所と言えばメインは百鬼丸と妖怪との壮絶なバトルにあるでしょう。
それを実写でどう表現するか?というのが一番の難所だったと思うのですが、ワイヤーアクションとCGを巧みに使って上手くスピード感が出せていたと感じます。

またおどろおどろしい妖怪のフォルムと奇怪な表情の細部に渡る技術は実に潜在的な「妖怪の怖さ」を表現できており、日本らしいホラー色や特殊効果の技術の高さを垣間見る事ができました。

また、今まではあまり尖った印象がない明るい役が似合う妻夫木くんが、およそ似合わないと思われたクールで殺伐とした百鬼丸を原作のイメージを崩さず演じていたのは思いの他高ポイントでした。
ただ、百鬼丸という人間の内面のグログロとした黒い葛藤を演じ切れていたか?というと疑問を覚える所も。

【悪かった点】
後半の盛り上がりにいまいち欠け、尚且つ興行が成功すれば続編に繋げられるよう次作を意識した作り方が見え隠れしたのが余計に終盤につれて冷めた目で見てしまう要因にもなりました。

妖怪との派手な殺陣も局所的にしか見られず、「アクション映画」として見るなら物足りないなぁという印象で、続編を出すなら出すで今作は徹底的に妖怪バトルをメインでやって欲しかったです。

【総合評価】65点
アクション作品として洋画と比較せず「邦画のアクション」として見るなら良作。
改めて言いますがCG、特に面妖な妖怪と百鬼丸の表現力は見応えあり。
ただ終盤のピークは少々尻つぼみ感が残らざるを得ませんでした。

このどろろブームで妖怪漫画ブームが来るとするなら.....

次はGSかうしとらの実写化がある?!

いやないか......
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういえば・・・

 そういえば、ゲゲゲの鬼太郎も実写化でしたね。
 旅の者です。ちっちゃい頃は、ビデオで鬼太郎の劇場版を見まくっていました。

 「どろろ」のレビューを拝見していてふと気になったんですが、柴咲コウさん演じるどろろについて全く触れられていないのは・・・
 そこだけ黒歴史でしょうか?それとも、ストーリーの核心に触れてしまう・・・?

 どろろは、パッと見で女の子と分からないから意味があるような気がしてまして、それで実写映画も見に行っていません。
 公開画像でも、どー見ても柴咲さん演じる新ヒロインにしか(そもそもどろろはヒロインと言わない気がしますけど)見えなかったんですが・・・
 レビューを読ませて頂いて、妻夫木君の百鬼丸に大いに興味は湧いてきました!が、ちょっとどろろだけ気になりました(笑)。

 差し支えなければ、どろろがどんなだったかもちょっと教えて頂ければ。
 ・・・やはり、これは月光蝶発動モノの事態でしたか?

ぬーべーか、幽々白書の実写化が先です。

期間限定ならぬ、一記事限定HNで登場することをお許し下さい。
いや、一回使ってみたかったんですよ.....

▽旅の者さん
>ゲゲゲの鬼太郎
キテますね!妖怪ブームキテますね!(ダマレ

そんな私はゲゲゲの鬼太郎と言えば、何故かBANDAIのファミコン版ゲームを思い出してしまうのは秘密です。

>柴咲コウさん演じるどろろについて
おぉ、言われてみれば全くもって触れてませんでしたね;;

私の拙い文章でどこまでお伝えできるかは分かりませんが、映画版どろろについて、私個人としては.....
仰るように成人女性の柴咲さんではなく原作に近い子役が演じた方が「らしい」、という思いは勿論ありました。

しかし、(コメントを読む限り旅の者さんは原作をお見知りしているという前提でお話しますが)
・ずる賢い
・けどどこか憎めない
・ちょっとではめげない天真爛漫なキャラ
と、どろろという存在の要所要所は押さえてあって、
映画単体として見て
「百鬼丸を鼓舞し時にはサポートする相棒」という役柄は柴咲さんが常に泥臭く陽気に演ずるのに徹したことで上手く描けていたと思います。

原作と比較すればやはり柴咲さん自体はどろろに似つかわしくありませんが、原作と別に切り離して見るならば、最後まで鑑賞者に女(ヒロイン性)を感じさせず、主役の相棒役としての位置を演じ切っていました。

しかし、その演技は、映画の見所としては挙げるまでには至らず、かと言って批判するほどひどくはなかった、という本当に「可もなく不可もない」どろろだったかと。
特に好印象でもなかった一番の理由としてはやはりどろろが柴咲さんである必要性が見られなかった、って所でしょうか。

ただこれはあくまで私個人の感想で、旅の者さんが同じ印象を持つかは分かりません。
でも正直な所、どろろの演技含めこの映画は鑑賞をめちゃくちゃおすすめできる!と言うほど傑作ではなかったかな、というのが率直な印象です;;

▽サリさん

アッー!レイガーンッ!桑原が弱くなっていくのがヤムチャ以上に見てられませんでした。
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。