スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年度MER的漫画大賞 ACT-3

どうもおばんどす~。

という訳で(?)前年から続く企画、独断と偏見で選ぶ漫画大賞、遅まきながら最終回です。

この企画自体ウイイレにハマってたせいで軽く放置気味だったので軽くおさらいです。

漫画大賞の選考は第一回はこちら、第二回はこちらとなっており、ノミネートした作品の中から分野別に一作品を絞り、それぞれリアル部門、ファンタジー部門、格闘部門、スポーツ部門の各部門賞を授賞してきました。

残すところはギャグ部門と恋愛部門の選考←ここまできた

その部門賞をぞれぞれ選んだ所で、最後に絞った全部門賞の中から一作品に2006年の漫画大賞を贈りたいと思います。

では早速いってみますかね。
まずはギャグ部門から。。。


【ギャグ部門】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)
兄ふんじゃった!(週刊少年サンデー)
ハヤテのごとく!(週刊少年サンデー)
中退アフロ田中(ビッグコミックスピリッツ)


ハヤテはギャグ漫画というよりラブコメの要素が強いマンガなので、本来はこのラインナップに混ざるべきではないのかもしれませんが。。

正直な所、私が疎いジャンルであるこのギャグ部門。
必然的に少数のラインナップになってしまいました。

ドタバタコメディと個性的なキャラたちが光るハヤテのごとく!
ヤンキーくん一人だけでご飯三杯はいける兄ふんじゃった!
男の苦悩渦巻く下ネタとさりげに恋愛も挟む中退アフロ田中

どの漫画もそれぞれに魅力的です。

ただ、その中でも....

デトロイトメタルシティ

この漫画は衝撃でしたw
(読んだ瞬間の衝撃は、初めてハトよめに出会った時に近いモノがあるかもしれません。)

とにかく笑いの領域が反則です。(イレギュラーな笑いと言った方がいいかもしれません。)

良い意味で子供に読ませたくない漫画。

正直、そんな漫画を他のギャグ漫画と比較していいのか分かりませんが...

今回はこの漫画に出会った瞬間の「インパクト」を買って、ギャグ部門賞にはデトロイトメタルシティを果敢にも選んでみたいと思います。






ではいよいよラストとなる...

【恋愛部門】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)
オレンジ屋根の小さな家(ビジネスジャンプ)
RANGEMAN(週刊少年サンデー)
赤灯えれじぃ(ヤングマガジン)
NANA(Cookie)

オフィスラブのさくらんぼシンドローム
家族ぐるみのアットホームなお付き合いオレンジ屋根の小さな家
国民的アイドルの美少女と振られっぱなしの少年の物語RANGEMAN
ほのぼの下町系赤灯えれじぃ
もはやドロドロの代名詞NANA

五者五様、様々な恋愛のカタチが出揃いました。

この中で、唯一少年漫画からのピックアップとなったRANGEMANは本来は少年漫画らしく(?)ヒーロー戦隊モノである筈なのですが、戦う為の動機に恋愛が大きく関係している為か、最近は主人公の少年と国民的アイドルが接近していく様子が非常に面白いので、敢えて恋愛作品の枠組に入れさせて頂きました。

また、少女漫画からは映画の続編、更にはアニメ化で2006年も引き続き強かったNANA。ただこの漫画は、恋愛と平行した音楽話がウリだった筈なのですが、本編ではナナが所属するブラストが音楽業界である程度の成功を収めてしまったせいで、最近は専ら恋愛でしか変化を見せれなくなってきているのが(しかもドロドロの方向で)痛いですね。
個人的には既にピークを過ぎた感が否めません。

しかしこの中でも、「リアルな恋愛」として非常に見ていて共感できた漫画としては...
さくらんぼシンドローム
になってしまうのでしょうか。
特に恋愛を主題とする作品は、他のジャンルと比べ心情面をより描く事から、主人公に如何に感情移入できるかが作品の面白さを左右する割合が強いと思うのですが、「クピドの悪戯」第一部「虹玉」、第二部「さくらんぼシンドローム」で描かれる主人公の境遇は自分のような20代青年の異性に対する悩みを上手く反映していて読んでいて面白かったです。

"好き"という気持ちだけではやっていけない、性も絡んだ恋愛。
かと言ってドロドロな鬱展開にもなり過ぎず...
程よく恋愛の難しさを上手く表現できている作品だと思います。

二部では現在クールな女上司"麻生さん"のギャップがネットでも大フィーバーを巻き起こしているようですが(笑)、いずれ主人公の青年も二人の女性の間でやりきれない葛藤で苦しむことになると思います。

という訳でさくらんぼシンドロームだけでまだまだ語れそうな気もしますが(何)、やはりクピドスキーな私としては恋愛部門賞はクピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム、コレで行かさせて頂きたいと思います。


では、これで程なく全部門の選考がやっとこさ終わったので、「続き」にて漫画大賞の発表をば。

簡単に流れをまとめてみます。


~私が2006年面白かった漫画、全ノミネート作品~

【リアル部門】
わにとかげぎす(ヤングマガジン)
バガボンド(モーニング)
RAINBOW二舎六房の七人(ヤングサンデー)
ボーイズ・オン・ザ・ラン(ビッグコミックスピリッツ)
バンビーノ(ビッグコミックスピリッツ)
嘘喰い(ヤングジャンプ)
BECK(月刊マガジン)
医龍(ビッグコミックスペリオール)

【ファンタジー部門】
ホムンクルス(ビッグコミックスピリッツ)
クレイモア(月刊少年ジャンプ)
彼岸島(ヤングマガジン)
デスノート(週刊少年ジャンプ)
ワンピース(週刊少年ジャンプ)
海皇紀(月刊マガジン)
スティール・ボール・ラン(ウルトラジャンプ)
金色のガッシュ!(週刊少年サンデー)
からくりサーカス(週刊少年サンデー)
エア・ギア(週刊少年マガジン)

【格闘部門】
すもももももも ~地上最強のヨメ~(ヤングガンガン)
ホーリーランド(ヤングアニマル)
範馬刃牙(週刊少年チャンピオン)
軍鶏(イブニング)
餓狼伝(イブニング)
はじめの一歩(週刊少年マガジン)

【スポーツ部門】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)
MAJOR(週刊少年サンデー)
クロスゲーム(週刊少年サンデー)
DREAMS(マガジンスペシャル)
Over Drive(週刊少年マガジン)
Capeta(月刊少年マガジン)
ハチワンダイバー(ヤングジャンプ)
ワンアウツ(ビジネスジャンプ)
おおきく振りかぶって(アフタヌーン)

【ギャグ部門】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)
兄ふんじゃった!(週刊少年サンデー)
ハヤテのごとく!(週刊少年サンデー)
中退アフロ田中(ビッグコミックスピリッツ)

【恋愛部門】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)
オレンジ屋根の小さな家(ビジネスジャンプ)
RANGEMAN(週刊少年サンデー)
赤灯えれじぃ(ヤングマガジン)
NANA(Cookie)




↓選考した結果





~各部門賞~

【リアル部門賞】
わにとかげぎす(ヤングマガジン)

【ファンタジー部門賞】
スティール・ボール・ラン(ウルトラジャンプ)

【格闘部門賞】
範馬刃牙(週刊少年チャンピオン)

【スポーツ部門賞】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)

【ギャグ部門賞】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)

【恋愛部門賞】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)






~漫画大賞審査~

自分でやっといて何ですが、これまたものごっつ濃い面子が残りましたね....

で、この部門賞作品群の中から大賞を発表する訳ですが....











ってこの中から選ぶのか!?





え、選びにくい....



というかどの漫画も全くベクトルが違うことから比較自体しにくい。









うーん...

こういう時は原点回帰に限ります。

私が漫画に最も求めるモノ、うん、そうだ、それを思い出してみよう。






私が心惹かれる漫画の根底にあるモノ、それは...







「熱さ」






コレだ。分かりやすいがコレしかない。

自分が実際に一番集めたい漫画と聞かれればこの答えに辿り着く。



最重要選考基準に「熱さ」、次に「面白さ」。

こんな具合に各作品を見ていくとしまする。





【リアル部門賞】
わにとかげぎす(ヤングマガジン)

【ファンタジー部門賞】
スティール・ボール・ラン(ウルトラジャンプ)

【格闘部門賞】
範馬刃牙(週刊少年チャンピオン)

【スポーツ部門賞】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)

【ギャグ部門賞】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)

【恋愛部門賞】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)


哀しいかな、さくらんぼシンドロームは面白いんだけど恋愛がテーマなだけに決して熱い漫画という訳ではない。

また、わにとかげぎすも恋愛やサスペンスをごちゃ混ぜにしたような作風であることから、熱いストーリーから感動......という展開は皆無に等しいので残念ながら除外。


【リアル部門賞】
わにとかげぎす(ヤングマガジン)

【ファンタジー部門賞】
スティール・ボール・ラン(ウルトラジャンプ)

【格闘部門賞】
範馬刃牙(週刊少年チャンピオン)

【スポーツ部門賞】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)

【ギャグ部門賞】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)

【恋愛部門賞】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)


次に目が行くのは....


ディ、DMCか....!?


いや、この漫画もある意味メチャ熱い漫画なんですよ?w

クラウザーさんの心の叫び、何と言ってもネットで誰ぞやが作成した無駄にクオリティが高い「SATUGAI」を聞いた時の迸るような熱さと言ったら...

ただ、この作品は異次元の作風というか、間違っても漫画大賞には選んではいけない作品な気がします。

ということでクラウザーさんに対して非常に畏れ多いのは山々なんですがデトロイトメタルシティも除外。

また範馬刃牙もゲバルやオリバさんといった濃いオッサンが話を盛り上げてはいるんですが、肝心の主人公刃牙君の成長は2006年はほとんど描かれなかったので、”熱さ”という点ではどうも物足りなかったので除外。


【リアル部門賞】
わにとかげぎす(ヤングマガジン)

【ファンタジー部門賞】
スティール・ボール・ラン(ウルトラジャンプ)

【格闘部門賞】
範馬刃牙(週刊少年チャンピオン)

【スポーツ部門賞】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)

【ギャグ部門賞】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)

【恋愛部門賞】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)


ということで残ったのはスティール・ボール・ランアイシールド21

ウムム.....しかし....

画力、話の構成力、熱さ....

どの点を取って見ても正直このレベルの作品になってくると甲乙付け難い。

両方大賞でもいいんじゃないかと感じる程ですが、敢えて選ぶとするならば....

「2006年」、この枠組みで考えるならば、(スポーツ部門の選考でも触れましたが)「神龍寺戦」という一つの絶頂を迎えたアイシールド21に分が上がる気がします。

明青×須美工戦、湘北×山王戦、三船リトル×横浜リトル戦、掛川×掛川北戦、一歩×千堂戦(再戦)、対ロッテダブルヘッダー、日本×アルゼンチン戦etc...

一試合単位で、スポーツの漫画において押さえておいても損はない一戦って色々あると思うんですが、神龍寺戦は決して言い過ぎではなくそのラインナップの中に並んでもおかしくない試合と感じました。

対して未だラスボスが誰なのかすら判別し難いスティール・ボール・ランは、クライマックスを迎えるだろう2007年以後に作品としての絶頂を見ると予想されるので、今回2006年という段階では大賞からは残念ながら外させて頂きます。


では授賞最終発表!!


~2006年度MER的漫画大賞~

【リアル部門賞】
わにとかげぎす(ヤングマガジン)

【ファンタジー部門賞】
スティール・ボール・ラン(ウルトラジャンプ)

【格闘部門賞】
範馬刃牙(週刊少年チャンピオン)

【スポーツ部門賞】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)

【ギャグ部門賞】
デトロイト・メタル・シティ(ヤングアニマル)

【恋愛部門賞】
クピドの悪戯Ⅱさくらんぼシンドローム(ヤングサンデー)

【漫画大賞】
アイシールド21(週刊少年ジャンプ)


(もはや2007年になってしまいましたが)
という訳で私が選ぶ2006年最も面白かった漫画はアイシールド21という結果になりました。
無難な結果すぎる気もしますが

2007年には一体どんな漫画が輝きを放っていくのか!?

今年もそんな漫画業界を、いち読者として楽しく読んでいけたら幸せだと思う訳です。






~あとがき~

今更なんですが....


数ある漫画の中から一つの作品を絞る事にこれだけ苦戦したことを考えると....



漫画の面白さなんて比べるもんじゃないね(台無し
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

バ・・・バカな・・・
いでじゅう!がないだと・・・
スポーツ部門でスルーされたのは、ギャグ部門でノミネートされるからだと思っていたのに・・・!

でもRANGEMAN(>ヮ<)ノ
最初の頃はタイシ先生のファンながらも作品の方向性が理解できずに困惑してましたが、最近は安心して読めるようになりましたw

低迷と言われるジャンプでも相変わらずワンピースとアイシールド21は面白いと思います。
特にワンピースは物語の核心が動き始めてるみたいなのでハラハラ。
アイシールドもライバル対決ドキドキ。

なんだかんだいってジャンプ、捨てたもんじゃないぜ。
エムゼロとP2!もひっそり応援していきます( `・ω・´)


【休載部門】
HUNTER×HUNTER(ry


てか、いでじゅう!は2005年かw
時が経つのは早いですね(´・ω・`)

期間限定でHNちょっといじってみました。


>はろげんさん

おお、こんな企画でもちゃんと読んでくれてる人がいるとは....(T_T)


>いでじゅう!

これはまたジャンルの判別が難しい作品ですねw

敢えて言うならラブコメになるのかな?
私がラブコメにもっと詳しければ、今回も「ラブコメ部門」で考えてみたかったんですが(´・ω)あんまりラブコメ読まないのよね...


>RANGEMAN
思えばこのマンガもはろげんさんが取り挙げてなければ読んでなかったかもしれません。
でも今は少年誌でも恋愛として一番気になるマンガでして...いやぁ、教えて頂いて感謝してますよ(`・ω・´)=3

方向性としては、前が柔道モノだけに確かに連載開始当初は先生も冒険してる気はしましたw

でも今はヒーローと恋愛を上手く絡ませてるといった感じで、切ない主人公にもなかなか好感が持てるといった印象ですw

>じゃんぷ
まぁ、私も去年はじゃんぷに対して散々辛口の意見を述べたりしたものですが、振り返ってみればやはり良質のマンガが多いんですよね。

最近はエロで迷走してる感はありますが、はろげんさんの触れられているエムゼロやP2など、これからも新しくGOODなマンガを発信続けてほしいものです。

>休載部門
むしろ富樫さんは何事もなかったのように新作を発表しそうで怖い(ry
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。