スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的ランキング王国2006~その②~

さてさて、「テーマ別に勝手にランキングして私自身今年一年を勝手に振り返ってみる」というよく分からない企画第2弾です。

今回のテーマはずばり「スポーツ」。

題しまして

【2006 私の思い出に残ったスポーツニュース ベスト5!!】

※筆者自身もスポーツ全般にそこまで造詣がある訳ではないので、ややスポーツの好みによって選考が偏ってる点もあるかもしれませんがそこは御了承の程をお願いします。

第5位!
『野球日本代表がWBCで優勝、初代世界一に!』
始まる前の代表辞退騒動から大会中は誤審まで色々物議を醸し出した大会でしたが、個人的に一番思い出に残ってるのは優勝を決めた決勝より準決勝の韓国戦でした。

結果こそ6-0で勝利しましたが福留の一発が出るまでの0-0が続く緊迫した投げ合いは見応え十分。

「予選からどうしても勝つことができなかった韓国を遂に破った。」

そういった点で、試合を動かした福留の代打HRは値千金の名にふさわしい一発でしたし、あの一振りにこそWBCの興奮が集約されていた気がします。

アメリカ云々より、日本にとっては苦しめられた韓国代表の強さが際立った大会だったかと。

第4位!!
『F1ミハエル・シューマッハ引退』
通算91勝ですか。。
よく格闘技の世界でも「史上最強」と謳われたりしますが、現代において本当に「史上最強」を名乗るにふさわしいアスリートはシューマッハだけだったんじゃないでしょうか。
それはサッカーや野球などポジションによって、或いは記録には残らないプレーによって評価が左右されるスポーツと違い、タイム、記録が全てのモータースポーツという世界でこそ叶った夢かもしれません。
そう、過去の名ドライバーが誰も到達し得なかった前人未踏の「史上最強の記録」を打ち立て続けることが彼自身が史上最強のドライバーである揺るぎない証明になったのです。

時代が流れ人が彼の現役の姿を思い出せなくなったとしても、彼の残した「最強の記録」だけは誰かに破られない限り不動のものです。
常勝フェラーリを創った男。
命を削るフォーミュラという舞台で、本当に長い期間にお疲れ様でした、と言いたいですね。

第3位!
『プロ野球 北海道日本ハムファイターズ優勝、そして日本一に!』
完全に新庄一人に喰われた感もありますが、秋は日本中を沸かせただろう日ハムの優勝劇。

特に日ハム、西武、ソフトバンクの三つ巴で最後まで1ゲーム差を争うマッチレース、そしてプレーオフの八木VS斉藤の投げ合いなどは球史に残る死闘だったかと。

リーグ終盤、数試合残した段階では西武がシーズン1位に対し圧倒的に優位な立場にあっただけに、逆転で一気に優勝を決めた日ハムは「混戦、逆転のパ・リーグの象徴」としてプロ野球さらにはスポーツ界を大いに盛り上げてくれたと思います。

これで毎年本当にどこが優勝してもおかしくなくなってきたパ・リーグ。
混戦になれば、近い将来楽天の優勝も夢じゃない?!(ぉ

第2位!
『サッカー 2006ドイツW杯』
私自身、実際熱狂した期間の長さだけ見るならコレが文句ナシの一位なんでしょうが・・。

残念ながら日本は予選リーグ敗退という結果に終わりましたが、
「やっぱりW杯は最高だった!」
この一言に尽きるかと。

今回は決勝トーナメントではなかなか点が入らずPK戦続出と守備的な大会の印象が強かったですが、予選リーグのミドルシュート続出はやっぱり燃えました。

大会全体を通して見ていて楽しかったのは、最近3大会では
フランス>ドイツ>日韓
なんですが、そう考えると何故かヨーロッバ開催の大会が盛り上がる試合が多い気がします。
点が入った時の怒号にも似たヨーロッパ独特の「ウオオオ!!」という歓声も日韓大会ではなかなか聞けませんでしたし、そこはやっぱり開催国の観衆の気質の違いが影響してるんですかね。

しかし大会後は、ジーコが日本代表監督を辞めた後、新たに監督に就任した先がトルコのクラブチームだったのがちょっとショックでした。

何故なら、彼が目指した゛全体の規律゛よりも゛個人の自由゛を基調としたサッカーは彼の母国ブラジルの高い個人技のサッカーでしか体現できないと前々から思っていたからです。

しかもブラジルの新監督があのドゥンガ。

何か因縁めいたものを感じざるを得ませんねぇ・・

セレソンを率いるジーコ、何とか見たかったなぁ(´・ω・`)

あと、やっぱりあの涙の中田の姿も忘れられませんね。

そして栄えある・・

第1位!
『女子フィギュア トリノ五輪で荒川静香金メダル!』
コレ。
やっぱりコレ。
女子フィギュアは冬季五輪で世界の注目を最も集める競技の一つと言えるでしょう。
そこで日本人が金メダルを取ることができた。コレが大きい。
見ていた瞬間は心の底から
「やってくれた!」
と思いました。

正直陸上のスプリントやテニスやゴルフなど、世界でも注目の高いスポーツでは日本人がメジャータイトルを取ることは叶わぬ夢なのか、と考えていました。

女子フィギュアのような五輪において華形と言える競技でもやっぱり取れても伊藤みどりの銀、金は届きそうで届かない、近くても余りに遠い存在だと思っていました。

しかし文字通り荒川は「やってくれた」んです。

表彰台に実際荒川が登るのを見るまでは、本当に日本人が金を取ったのか信じられなかったのを鮮明に覚えています。

という訳で、もはや何試合(何時間)鑑賞したか分からないW杯を押さえて荒川の金を一位に置かせて頂きました。

皆さんは、今年一体どんなスポーツのニュースが一番心に残ってますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱ野球ヲタとしてWBCは外せないかな

見てて凄く楽しい試合でしたし

まぁ、アメリカも日米野球に本気になるならWBCでベストメンバーぶつけろって話ですが・・・

次点はやっぱ日ハムの日本一、アジア一ですね


あ、あれ野球ばっかり(ry

改めて考えると今年もいろんなことがあったんですねえ。トリノ五輪なんてすっかり忘れてました;(殴
まあ、日ハム日本一、アジア一はそのくらいインパクトが凄かったということです^^;(殴殴
SHINJO選手も自分で言ってましたが、まさに漫画、映画のようなストーリー。このままドキュメント映画にしたら北海道でとんでもない興行成績を記録するのではないか・・・と本気で思っていたりしますw

・・・もっともオフシーズンの騒ぎをみていると、もしかしてあれは春の夜(いや、秋の夜!?)の夢だったのではないかと・・・(つД`)

あとは・・・シューマッハ引退も心に残っています。子供の頃はただ単に「(プロストと同じく)セナの敵」という目で見ていたのですが(笑)、いやいやどうして。あの過酷なF1レースをこれだけ長年やり続けた強靭な肉体と精神。「皇帝」の称号がふさわしい選手であります。長い間、本当にお疲れ様でした。

思えば今年のスポーツ界はイナバウアーに始まり、稲葉で終ったなと(寒
シューマッハの引退は一つの時代が終ったんだなぁとしみじみ感じます。今年はホンダの優勝もあったし、一強世代の終焉は、それはそれでチーム同士の争いが活性化して面白くなるから歓迎すべきものですが、あの完璧無敵ぶりが崩れていった様は、人間やはり年には勝てないなぁと寂しく見ていました。セナ-シューマッハと続く最強ドライバーの系譜を受け継ぐのは、アロンゾあたりか。
しかしあの記録を見るに、これ以上のドライバーはあと30年は出ないんじゃないかと思ってしまいますね。それくらいホントにエラい記録です。

返事遅れてしまい申し訳ありませぬ(´・ω・`)

>サイさん
WBCは予選はいまいち盛り上がってなかった気もしますがアメリカでの本戦の見違えるような注目度はやっぱり日本は野球の国なんだな、と思いました。

試合もそれに見合ったいい試合も多かったですよね。

印象に残ったニュースが野球に寄りがちなのもサイさんらしくて全然OKかとw

しかしそう考えると、シーズン前のWBCからシーズン後のポスティング騒動まで今年はシーズンオフも野球ネタ満載の一年だった気がします。

>烈風さん

いぇいぇ、やはり自分の応援してる球団が優勝すればそのニュースが一年でも最も印象に残るのはしょうがないと思いますよw

私も仮に阪神が優勝していたらそれを一位に持ってきたかもしれませんし。。

もし優勝までのストーリーを映画にするならば、、やはり主人公は日ハム生え抜きの選手の方が感動できるのかな、と思ったり。新庄は名脇役のポジが合ってそうです。

シューマッハは記録もそうなんですが、私たちが小さい頃から第一線でF1を引っ張っていたことが既に脅威ですよね。
今の相撲界にも言えることですが一強時代を築くのは一見周りが弱いとも見えるんですが、私はF1ドライバーは全員が全員バケモノと思ってたりするので(爆)その中で一強を見せ続けたシューマッハはF1人気そのものに多大な貢献を残したと思います。

皇帝と言えば今まではベッケンバウアーですが現在ではシューマッハがまず頭をよぎる人の方が多いんじゃないでしょうか。

それ程、改めて皇帝の称号が似合いすぎるドライバーですよね。

>長距離ランナーさん

稲葉・・うあああぁぁー!!!!(ry

はぁはぁ・・いやいや、すみません。

長距離ランナーさんのびっくり発言に少し取り乱してしまいましt(ry

・ホンダの優勝
今年はこのニュースも次点で印象に残ってます。
改めてF1がチームでやるスポーツだと再確認されられた快挙だったと思います。
しかしアロンゾというドライバーが出て来なければ本当に一強はどこまで続くんだと感じるほど森西武並の時代を築いていたシューマッハでしたが、F1の代名詞とまで感じるドライバーなだけに、バトンを後継していくのもやっぱり寂しいものがありますね。

仰るように30年経ってもこの記録を超える者が現れるかと言われると・・やっぱり出てこない気がします。

というか、想像できないです(汗)

「シューマッハ? なにそれ、おいs(ry」な状態のまだまだ幼い私に必死にシューマッハ(やセナなど)の凄さを語る親父の姿を覚えているのは十一年前が最初です。
それから今まで、ずっと「皇帝」の名を保持し続けていたことは脅威であり憧れですね。
ジェネレーションギャップなんて皇帝という威厳の前にはミジンコですね。
そして、その「皇帝」の終末がやってきたのかと思うと、それほど F1 に明るいわけではない私も思うところがあります。
F1 に明るくない、と言っておきながらアレなんですが、ミハエル・シューマッハの名を忘れることはできない、と漠然と思っていたりします。
彼へ言葉をかけるなど畏れ多いですが、やっぱり感謝の意を伝えたいところですね。

>のっとさん

のっとさんの話を聞いてて思い出したのが、自分にとっては子供の頃から側で眺めていた阪神を応援し続けている私のオヤジの姿でしたw

対象は違えども、やっぱり何かに熱中する父親の姿ってのは印象に残りますよね。

ただ阪神とシューマッハで違うのは阪神はそれこそ何十年でも応援することができる『チーム』という枠組みですが、シューマッハは選手生命が限られている『いち選手』に過ぎない存在の筈、ということですよね。

それが仰るように私やのっとさんが小さい頃からずっと人を魅了する『変わらぬ存在』っていることが既に偉業ですよね。しかも決して選手生命は長くはないだろうF1というスポーツで。

かくいう私も毎年タイトル争いするシーズン終盤にやっとシューマッハを注目し始めるF1ファンとしては浅い部類だったりしますが、それでも毎年シューマッハはその存在をタイトル争いすることでちゃんと認識させられる程、アリエナイ強さでした。

皇帝という通り名もそうですが、(ドイツ語云々ではなく)「マッハ」という単語が入ってる『シューマッハ』という本名がまた速そうじゃないですかw
、、、
と今考えると自分でも恥ずかしくなるような子供時代の印象が、未だに頭を離れなかったりするのは秘密です(ry

確かにおよそにわかファンに過ぎない私が軽々しく彼を語ったり、言葉を送ること自体も既におこがましいかもしれませんが、それでもF1、強いてはスポーツ界を牽引した彼にはこの一言を送ってしまいます。

ありがとう、シューマッハ。
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。