スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何なんだろう今年は。

漫画家の石川賢さんが先日急逝されたそうで・・・

「また惜しい人を亡くした。」

こんな安っぽい言葉で片付けられることではないのかもしれませんが、実際訃報を聞いてこう感じるのも今年何度目になるのでしょうか。

長い間お疲れ様でした。
謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

石川先生、ゲッター線と共に永遠なれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 ああ、わたしと同じショックを受けられた方がいらっしゃいました。
 今朝の新聞で訃報を拝見して、しばらく固まっていました。
 近くに母がいたのですが、この訃報を伝えても、「誰?」みたいな反応しか返ってこない気がして・・・
 一人、胸の奥にしまっていました。

 まだ58歳だったんですよね・・・お若いのに・・・
 残念でなりません。
 ロボットのカッコ良さ、深い人間ドラマだけに留まらず、ゲッター線・・・宇宙の意思のようなもの、まで描かれていた壮大さ。
 ゲッターロボをして不動の名作たらしめるのは、随所に散りばめられた光るセンスと豊かなアイディア、そしてそれらを貫く石川先生の考えではなかったでしょうか。

 謹んで、ご冥福をお祈り致します。

>旅の者さん
まだ未完のギラギラとした作品群からいつまでも若い印象があったんですが、本当にまだまだ若かったんですよね。

私もこの訃報を見た瞬間は本当に何も言えなくなってしまいました。旅の者さんの心中もお察しします。

かくいう私も、ゲッターくらいしかちゃんと読んだことなかったりするのですが、その画力と織り成す世界観と発想は正に鬼才と呼ぶに相応しい漫画家だったかと。

追悼の念ではありませんが、これからちょっと石川先生の本を集めてみようと思います。

内容が内容だけにコメントし辛い記事だったかもしれませんが、お言葉有難うございましたm(_ _)m

自分のボロパソコン、ページにアクセスしてから完全に表示されるまでちょっとラグがあるのですが・・・、

まずテンプレのタイトルを見た瞬間「あ、石川先生の訃報の事かな。」と感じたのはやはりゲッター線の導きなんでしょうか(´・ω・`)

本当に今年はロボット、特撮関連に携わった方の不幸が続きますね。特にワッケインさんとブライト艦長が立て続けに亡くなられたのは個人的にすごくショックでした。

それはさておき、これでついにゲッターサーガはアークが未完のままになってしまったんですね。なんというか、それも神にも似た未知のエネルギーであるゲッター線を巡る物語に相応しい幕切れというか、本人にとってはたまったものじゃないかもしれませんが運命じみたものを感じずに入られませんねぇ・・・。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

今年は本当にロボット関係の方が糸を切ったように逝去されていかれますよね・・。

第3次αをリアルタイムで(まだ)プレイしているせいか、余計にせつなく感じてしまいます。

今思えばそれだけご年輩の方達でも、年齢を感じさせず精力的にスパロボやアニメ、特撮を支えて我々に楽しさを提供してくれていたんだなぁ、と。

残念ながらゲッターサーガでもゲッターアークはまだ読めてなかったりするのですが、連載雑誌の事情に伴って何とも中途半端な締めくくり方になってるらしいですね。

エピタフさんの仰るように、もはや纏めきれないいような壮大な風呂敷を広げるのも正に石川流だと思うんですが、私としてはやっぱり生き続けてその風呂敷を広げ続けていて欲しかったです。

そう感じるくらい、まだ全ては読めていませんが少し触れただけでもゲッターという作品は私にとって強烈な存在だったんだな、と改めて気付かされました。

早くゲッターアークも手に入たいと思います。

共に追悼して頂けて感謝します。コメント有り難うございましたm(_ _)m
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。