スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のドラマ戦線プラスワン

▼秋のドラマ別感想

普段は余りテレビを見ない私でしたが、最近晩飯を食べる際にしばしばバラエティやドラマを見るようになりました。(と言っても主戦力は報○ステーションなのですが)

そんな訳で、突然ですが不肖ドラマに疎い私が果敢にも秋に新しく始まったドラマの中で現時点で面白いと感じた作品をちょこちょこピックアップしてみたいと思います。


【月曜日21:00~フジ系列】
 のだめカンタービレ
いわゆる天下の月9。原作は人気少女漫画。
私もちょこちょこ作品名は耳にしてましたが原作はまだ未見。
しかしドラマ自体も漫画をベースにしてることもあってコマ割り、シーン展開のテンポの良さが目に付きました。
主演は上野樹里と玉木宏。
っていうか恥ずかしながら上野樹里というコをテレビで見たことがあってもちゃんと認識して見るのは初めてだったんですが可愛いですねー。
活発・不思議系の今回の役にも良くハマってると思いました。
そして気になったのはこの作品が音楽を題材にしていること。
つまり漫画では表現できなかった音の世界を実写化により表現を可能にしているんです。これからも芸大を舞台にピアノが物語の柱になっていきそうですが原作ファンには一体この”音”がどう映っているのか?
配役の印象も含め原作から見た評価が今後のこのドラマ人気を左右するのかなー、と思ったり。
現段階評価:★★★★




【火曜日22:00~フジ系列】
 僕の歩く道
「僕の生きる道」では『世界に一つだけの花』という大ヒット曲を生み出し、「僕と彼女と彼女の生きる道」では子役『凛ちゃん』の社会現象を起こした草なぎ剛主演の人気ドラマシリーズの最新作。
(っていうかいつの間にかシリーズ化しちゃったんですかね?w)
ちなみに私は俳優・草なぎ剛の演技がとても好きです。
良く言えばSMAPを超えた演技、悪く言えばジャニーズらしくない演技。
ジャニーズにありがちな格好良さや明るさを売りにしないその演技は、もはや個性派俳優と言っても差し支えはないんじゃないでしょうか。
今回は自閉症の青年という難しい役ですが、淡々と感情を表に出さないその様子も渋く演じ切っています。
そしてこのドラマの面白い所は『自閉症の青年』が主役ということで、トレンディドラマにも関わらず色恋沙汰は二の次で人との触れ合い、それを通しての人間成長を主題に持ってきていることです。漫画や小説のドラマ化が主流の中で、完全にオリジナルな物語というのもイイですね。
主人公・大竹輝明は自閉症の側面で天才的な記憶力も兼ね備えているというどことなくアルジャーノンを彷彿させる設定ですが、今後彼のその卓越した知能が周囲の人間との関係にどのような影響を及ぼすのかも見所の一つかもしれません。
時間がゆっくりと流れるような淡々としたドラマの作りですが、かと言ってまったり観れる訳ではなく、つい真剣に見入り、そして考えさせられてしまう。
そんなドラマです。
現段階評価:★★★★★




【金曜日22:00~TBS系列】
 セーラー服と機関銃
原作は赤川次郎。
1981年の同作の映画化では薬師丸ひろ子の「カ・イ・カ・ン!」という流行語も生み出しました。
そして今回再び実写化として現代に甦った訳ですが・・これまた原作は未見でしたが、何の事は無い、しっかりと泣かされてしまいました(ぇ)
勿論、セーラー服と機関銃という斬新な組み合わせがどういった経緯で生まれるのか、という流れも面白いのですが、それにまして良かったのが極道・目高組の面々の泥臭い熱さ。
ドラマではあまり見かけない任侠、男の世界。
そこにセーラー服というアイテムが若さを添えてはいますが、やはり泥臭いモノは泥臭いままな訳でw
逆に言えば長澤まさみという人気女優、そして極道とセーラー服(女子高生)というギャップがなければ到底トレンディの世界では男臭さすぎる気がしました。
ただ、その熱さも一話で一気に燃焼していく物語の作り方だったので、一度視聴すれば残念ながら次回はそれ程見たいとは思わないのが正直な所で;;
現段階評価:★★★☆




~総評~
全体的に今のドラマはやはり人気漫画や小説の実写化、もしくは過去の人気作のリメイクや続編といった主流が相変わらず色濃く続いてる印象です。
(前者は『のだめカンタービレ』、後者は『僕の歩く道』や『セーラー服と機関銃』が当てはまる)
つまりドラマ単体の勝負以前に、原作ファンや懐古ファンなど別クチでファンを取り込もうとする手法が好まれるようです。
もしくは名作と呼ばれるようなドラマを、今のテレビ局の脚本では作ることが困難になったか、ですね。

しかし中でも「引きこもり」や「ニート」と言った閉塞的な言葉が目立つ現代社会で、敢えて”自閉症の青年”の成長にスポットを当てた『僕の歩く道』は時代の風潮も加わり考えさせられるドラマとして共感、注目を集めていくと予想してみます。



と、簡単にまとめてみましたが・・



本当は一番期待してたドラマはコレだったんですが・・
予想通り見れない罠(´・ω;`)うらむぜテレビ東京系・・


以下懐かしの、”あの”ゲーム機のゲームたちについての戯言です。



▼ロクヨン話

ロクヨンと聞くと、反射的に50符3飜が頭をよぎるという至極どうでもいい前置きはさておき・・

以前白衆天さんの記事で64の話題で盛り上がっていたのを拝見してから、ムショーに64がしたくなってきたので、最近久々に押し入れから引っ張りだしてプレイしてました(*´Д`)

・64というハード
まず久方ぶりにその姿を拝んだ瞬間に感じたこと。

ニンテンドー64・・とにかくデケェ!!

薄型ではなく、通常のPS2に慣れ親しんだ私にとっても衝撃的な機体のデカさ。
何がデカいってもう電源パックがデカイ。
何より1個1個のコントローラーがデカい。ていうかデカすぎる。振動パックがついてるコントローラーなどもう目も当てられない。
そのコントローラーが当然のように四つ収納されてるんだからそりゃ押入れでも場所取る訳ですね。

任天堂の新機種WiiのCMで、やばいくらい小さくなったコントローラーが宣伝されるのを見ていると、64のこのかさばり方は任天堂歴代ハードでも歴史的デカさじゃないのか、と思いつつ、ガチャガチャと組み立てて早速プレイしてみます。まずは・・


・007~ゴールデンアイ~
残ってます。残ってます。私の血と汗の結晶のヘタレデータが・・
そう、ハードモードが数える程しかクリアできていないデータがorz

そこそこハマった覚えはあるのに全くコンプリートに程遠いデータを見て

『一体どれだけ難しかったんだ?』

と私も記憶の片隅にトラウマに残っている市街地をやってみることに。

ちなみにこのデータによると市街地はノーマルモードすらクリアできていませんでしたorz

まずは当然の如く戦車を奪取。

無事防弾チョッキも手に入れ敵を轢きながら快調に街を突き進んでいると・・

ちょwwwwどこからともなく爆弾を打ち込まれ死亡ww
(チャラッチャラ~♪のBGMが流れる)

再度繰り返すも・・
今度は戦車が地雷地獄に巻き込まれ死亡。

地雷地獄を地雷を故意に暴発させて突破すると・・
今度は敵からのロケットランチャーの雨の前に瞬殺。

『な ん だ こ の キ ツ さ は。』

改めて言いますがこれはノーマルモードですよ。

『見ろ!戦車の装甲がまるで紙切れだ!』

結局市街地ノーマルだけで20回ほどプレイした所で敢え無く最終目的地に辿り着くことすらできず断念。

本気で攻略サイトにお世話にならねば私の力ではこの難関は超せないのか、と嘆きつつ・・
気分転換に次のゲームへ。




・大乱闘スマッシュブラザース
何が哀しくて一人でこのゲームをせにゃならんのか・・という落胆と、007のリベンジで敵を滅殺できるワクテカ感が入り混じりながら1Pモードをベリーハードでプレイしてみます。

すると・・

わずか15分ほどで何なく一機も死なずにクリア;;

『何だこのヌルさは!!』

あの燃えに燃えたスマブラが例え1人用プレイでもこんなに手応えが無いままでいいのか!

ってことで今度は対戦モードで!
ハンディキャップを付けて 自分の強さが1 その他のCOMの強さが9。
メンバー構成は
 ドンキー(自分)
 マリオ(COM)
 キャプテンファルコン(COM)
 サムス(COM)
で四人対戦でプレイしてみます。

すると・・・

ちょwwwww勝てないwwwwwwww

とにかくこのメンバー構成のせいかCOMマリオが強過ぎる

あとは敵は200%近く減らさないとKOできないのに、こちらは50%で一気に吹っ飛ばされるという理不尽。

思い出されるこの感覚・・ッ!この狂気・・ッ!

しかし如何せんこのままでは楽しさよりもストレスが溜まりそうだったのと、やっぱり一人対戦は飽きるのも早かったので次のゲームへ・・




・マリオカート64
オープニング画面で流れる
『マリオカート♪』
の掛け声に思わずキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

一気にテンションが上がり早速「150ccスペシャルカップ」にエントリー。

数十分後・・・・・

・・・・・

・・・

・・


敢え無くクリア;;


これは本当に特に語ることもなく、スマブラの1Pモードと同じくごくごくフツーに走って、コンテニューを一回して、ごくごくフツーにクリアしました。


タイムアタックも余りやる気が起きず・・
やはり自分にとってスマブラと同じく対人戦というファクターがこのゲームの魅力だったのかな、と思いつつ・・次のゲームへ。




・スーパーマリオ64
スター120枚のデータktkr!

しかし改めてやるからにはやはり一からプレイしたいと思い・・
そこまでスター取りが進行していないデータを消して、ニューゲームをやり始めることに・・

今思えば、これが大きなミスでした

思い起こせばマリオ64を買った当時は、一つ一つのスターを取るのにゼルダ並に時間を費やし悪戦苦闘したものです。

しかし経験とは恐ろしいもので、発売から10年近く経った今も・・
スター獲得のノウハウを私の体が憶えていたんですね。

まずオープニングステージ、
コース1:ボムへいのせんじょう 『やまのうえのボムキング』
をクリアしたのを皮切りに、決壊したかのような勢いでスターを取り始める私。

あの頃あれほど苦しんだのが嘘のように、どうやってスターを取るのかまでの大まかな流れが瞬時に頭の中にフラッシュバックしていきます。
無論赤コインやシークレットコインの詳しい位置までは憶えていませんでしたが、全120個のスターの中で「どのスターが獲得が難しかったのか」のイメージは今でも脳裏に強烈に焼き付いていました。

その経験と記憶を頼りに、昔とは違いさくさくスターを集めていけるのがとても気持ち(・∀・)イイ!!

こうなるともうプレイする手を止めることができません。

ちょっと暇があると気付けばコントローラーを握ってる日々。

そうこう数日プレイしている間に獲得したスターが90枚まできた訳ですが、ここでちょっと印象深かったステージを改めて振り返ってみたいと思います。

コース③:かいぞくのいりえ
個人的に・・可愛く楽しいマリオゲームにあるまじき恐怖のステージ。
もう何でこんなに怖いんだろう?
と感じるほど今もウツボ薄暗く光の届かない深海への恐怖は変わらぬままでした。
特に巨大なウツボが巣穴から顔を覗かせている時の怖さと言ったら・・
マリオ64の3D世界の高低を活かした”深い海”への本能的な恐怖も加わって、この”かいぞくのいりえ”のコース全体からもじわじわと染み出るような怖さがありました。
本能に訴えかけるという意味で、同じく『ドッシーのいるちていこ』のドッシーに対しても未知の生命への拭い切れない恐怖を感じます。

コース④:さむいさむいマウンテン
このコースは何と言っても『ペンギンチャンピオンレース』に触れぬ訳にはいかないでしょうw
スノースライダー自体もポンポン転落する私にとって、でかい図体に似合わぬスピードで滑走するペンギンはブランクを差し引いても手強かったですorz

しかし転落しまくってる際に
『あ・・・ここショートカットできるんじゃないの?』
と逆転の光明が差し、何度かトライして見事・・ショートカット成功!
ぶっちぎりでペンギンをチギり、やっとスターを獲得できた・・

と思いきやペンギンから一言。

『 そ れ は 反 則 だ か ら 失 格』


○| ̄|_


発売から10年目にして改めてすごいと思ったショートカットという反則をダンコ許さぬ任天堂のレース公正プログラム・・

結局再度公正にチャレンジを試みて僅差でペンギンを倒すことができました(涙


コース⑭:チックタックロック & コース⑮:レインボークルーズ
スター50枚以上を獲得してから初めて到達できる最後にして最難関に相応しい城三階の2つのコース。
これに関して、もはや多く語る必要はないでしょう・・
久しぶりにこの双頭の龍に合間見えましたが・・相も変わらず
素 晴 ら し い ム ズ さ 。

共に『落下イコール死』の構図が見えていることから、今までよりもより繊細な操作が要求されます。

正直この2つのコースに関しては・・

100枚コインとかやりたくねぇ('A`)





これ以外にも、これ以上64にハマるのが怖くて、”今はまだ”手を付けていない「ゼルダの伝説 時のオカリナ」というビッグゲストも控えていますが・・
最近プレイした64ゲームの感想は以上です。
改めて気付かされたのは、中でも「スーパーマリオ64」というゲームは三次元を駆使した本当に素晴らしいゲームであるということです。
96年の発売当初(もう今から10年前になるんですね)は、スターを集めるコレクション的要素が強いゲームだったことから、正直同じ正統派マリオシリーズのファミコンの「スーパーマリオブラザーズ3」やスーファミの「スーパーマリオワールド」には”楽しさ”という点で遠く及ばない印象でしたが、美しい画像や3Dを駆使したPS2に慣れた今でも飽きずに楽しく遊べる3Dゲームだと10年経って初めて気付かされた気がします。

何より、それまでの横スクロールのマリオとは違った”全く新しいマリオの世界”を世に送り出した当時の任天堂には頭が下がるばかりです。

正直今までにマリオ64も64というゲーム機自体も友人に譲ろうか、それとも中古屋に売却しようかと何度も頭をよぎりましたが、本当に手元に残しておいて良かった・・と素直に感じました。

Wiiが発売されれば再びマリオ64も現代に甦ることになるでしょうが、任天堂の歴代の名作に肩を並べても遜色ない、後世の子供たちに是非伝えていって欲しいゲームだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>ニンテンドー64・・とにかくデケェ!!
確かにでかいですねwww
といいますかあの前面の角についている二つの突起はなんなんでしょうね?
まあ、あれがあるから「64を上から見たらクマに見える」というカラクリがあるんですがねw
・・・まさかクマにみせるためだけに(ry

●大乱闘スマッシュブラザース
>わずか15分ほどで何なく一機も死なずにクリア;;
な、なんという羨ましい言葉!私なんてまともにクリアした覚えすらないです;;
とりあえずやっていたのは
・マリオ、ルイージを選んでひたすらファイアボール
・ドンキーコングを選んでタメパンチor地面をずっと叩く
・サムスを選んでひたすらタメショット
・カービィを選んでひたすら「吸い込む→コピー」

・・・ネスを選んで「PKサンダーを自分に当てて相手に体当たり!」をやろうとしたんですが失敗して落下ばかり・・・苦い記憶ですorz

●マリオカート64
>オープニング画面
もちろん夕焼けの隠しOP画面であると勝手に想像させていただきます^^;
確かにSFCと比べると優しいですよね。まあその分稀に敗北した時に相当なショックなわけですがwww
ただ150ccのスピード感は素晴らしかった記憶があります。1Pで大画面で爆走するルイージ(使用キャラ)・・・その鮮やかなハンドルさばきとスピードに酔う自分(キモイ

●スーパーマリオ64
実はやったこと無いです・・・64が家に来たのが遅かったのもあったのですが、印象が恐かったんですよね。最初のキノピオが壁に吸収されるというのがどうしても・・・orz

なんと言っても64は3Dスティックを生み出しましたから。
Wiiがどういう風に受け入れられるかは分かりませんが、やっぱりマリオらしく「皆でわいわい」という風にできたら楽しいだろうなあ・・・とは思います。

挙げられてる作品は全部バイトと重なって観れません。orz
あと水曜の「14歳の母」もか・・・。
とりあえず秋のドラマ戦線、自分のMVPは再放送の「ぽっかぽか」です。
あと長澤まさみの声の可愛さはやっぱりいいなと・・・。ただ反眼鏡派なんであの眼鏡はちょっと・・・・。ついでに制服は断然冬服派です。

と話がそれたところで本題?の64話に。
マリオカート64の発売日に風邪(性格には喘息ですが・・・)を引いて休んでいたため、学校で一番最初にプレイしたことが今でも自慢話になってたりします。
とどうでもいい話は置いといて
・007~ゴールデンアイ~
本編は画面が暗すぎるのと、酔ってしまうのでほとんどやってなかったり。
基本は対戦のためのゲームでした。ステージはほとんどトイレがあるステージ。トイレにセンサー爆弾を仕掛けるのはデフォでした。

・大乱闘スマッシュブラザース
これも基本は対戦ゲームでしたが・・・
某友人からある条件でクリアしたらマスターハンドが使えるというデマを教わり何度クリアしたことか・・・・。
ちなみにフォックス使い。ていうかフォックス以外は数えるくらいしか選ばないくらいフォックス使い。

・マリオカート64
これも基本は対戦というか複数プレイ。
兄のために2番手を妨害アイテムを保有して死守してた友人を見てアーバインかよと思ったあの頃。
ちなみにヨッシー使い。ていうか(ry

・スーパーマリオ64
これは対戦できないな・・・。
当時はあの広大な3Dのマップを移動してるだけで楽しく楽しくて・・・。
ノコノコの甲羅で走り回ったり、赤いブロックの羽根で飛び回ったり、ヤー、ホッホー、ヤットトゥーとジャンプしたり、ハッ、ハッハーと無駄に斜面を上ってみたりと。
色々遊べるゲームだったなぁーと思います。自分が今まで出会った中で一番{自分で}プレイしていたなぁーと思うゲームですね。
なもんでほとんどの思い出が最初の方のステージです。
一番記憶に残ってるのは黄色いウサギを捕まえる通路の炎で何度も死んだことだったり・・・。

こうやって振り返ると自分の64の思い出は、他にもゴエモンやボンバーマン等、2人以上の複数プレイなんですね。そんなことから自分の中では、64はプレステよりもみんなでわいわいがやがややるゲーム機ってイメージです。
兄弟の多い自分の家庭ではプレステより相当早く64を買ったのはある種当然の流れだったのかなぁーと。

亀レスばかりで申し訳なかとです・・

▼烈風さん

>二つの突起
たしかにあれのおかげで64は設置面が大きく安定感抜群なんですが・・
横幅だけならSFCなんて目じゃない大きさですorz

>クマさんに見える
本当だwwwwww
逆向きにしないと気付きませんでしたw
しかしマリオならまだしも、「任天堂とクマ」の関連性がいまいち謎だったり・・?('A`)

>スマブラ
対戦モードの熾烈さを考えるなら、やはり1Pモードは物足りなく感じてしまいます(´・ω・`)

ネスのPKサンダー→吹っ飛びは使いこなせると無敵ですよね。ただ、ネスの場合は二段ジャンプの浮揚力(?)が他のキャラに比べて弱いので、わざわざPKサンダー(以下略)でフィールドへ戻る必要が;;

例外なく私も失敗してあぼんしましt(ry

>マリオカート64

改めてOP画面を見たら・・・確かに夕焼けに見える!
これって隠し画面だったんですか・・・10年越しの新事実;;

150ccについては、やはりどうしてもSFC版マリオカートと比較してしまいますよね。

前も述べたかもしれませんが、やはりワンワンが突っ込んでくる恐怖があるとは言え、ガードレール(?)がついているレインボーロードには改めてプレイしても物足りなさを感じざるを得ませんでした。

ただ、スピード感に関しては3Dなのもあって体感はSFCより格段に向上してますよね。
しかし全てのコースを通して見るなら仰る通り体感速度も64版>SFC版なのですが、あくまで私の中での正直な所を述べれば「150ccだけに絞って見た場合」SFC版>64版なんですよね。
勿論64版150ccのスピード感も充分速いんです。
ただ、やはり8位に落ちれば一向にTOPに追いつけないSFC版と違って64版は敵も逆転しやすくなっていることから、敵も含めた「レース全体のスピード感」が不足してる気がします(´・ω・`)

>スーパーマリオ64
皆が壁に吸収され・・
本来賑やかである筈のピーチ城がマリオしかいないという孤独感はやっぱり最後までつきまといますね;;

しかし64のゼルダにも言える事ですがRPGではなく、アクションを基盤にした中で「3次元謎解きアクション」という新たなジャンルを世に確立するきっかけとなった64マリオはやはり画期的だったと改めて感じました。

そして64は3Dステイックもそうですが、あのCボタン、Zボタンを駆使するゲーム感覚をあの小さくボタンも少なそうなwiiのコントローラーでどう再現するのかがちょっと気になったりしましたw

仰るように、ゲーム文化の発達によって外で遊ばない子供や引き篭もりが取り上げられる中で、任天堂ゲームの「みんなだからこそ楽しめる楽しさ」は貴重だと思うんで、これからもその任天堂らしさはウリにして言って貰いたいと願います。



▼ポロロッカさん

>MVPは再放送の「ぽっかぽか」
ちょwwwwそこでTBS愛の劇場wwwwwww

ドラマ時間帯がバイトと重なってるのは痛いですね・・

と言っても、ほんの少し前は私もドラマは見なくても全然やっていけると思っていたクチなんですが;;
久々にテレビ自体にも興味が持てたので、とりあえず、「僕の歩く道」だけでも全部見れるよう頑張ってみるつもりです。

>酔ってしまうのでほとんどやってなかったり。

やっぱり人によっては酔いやすい方もいるようで・・
私の知人にもそれが原因で対戦すら敬遠されてしまいました(涙

>トイレにセンサー爆弾を仕掛けるのはデフォ

ちょwwwwww

ちなみに私は生き返るポイントに配置するのがデフォでした・・

しかし慣れてくると対戦の武器選択がモーションセンサーしか選ばなくなくなってくるのが怖い(´・ω・`)

>マスターハンドが使えるというデマ

それはひどいデマwwwwww

しかしあのサイズのキャラを使用できるのも想像すると恐ろしい気が・・

ちなみに私は寝てもドンキー、覚めてもドンキーというほどのドンキー厨でした。ただフォックス、サムス辺りは飛び道具があるので天敵中の天敵;;

>兄のために2番手を妨害アイテムを保有して死守してた友人を見てアーバイン

そこでベストセカンドドライバーw

ヨッシーは私の周りでもスーファミ版から対戦レースにおいて劇的に速く、そして使いやすくなったキャラとして重宝されてましたw

ちなみに私はSFC版からは遅くなった、当たりの強さだけがウリのクッパ使い・・;;


>当時はあの広大な3Dのマップを移動してるだけで楽しく楽しくて・・・。

この感覚はありますねぇw

スーファミを超えた64というハードのすごさが、最初あの3Dのマップに足を踏み入れた瞬間の言いようのない楽しさに集約されていた気がします。

>一番記憶に残ってるのは黄色いウサギを捕まえる通路の炎で何度も死んだことだったり・・・。

ありますありますwwwwwww

追いつけそうで追いつけないあのウサギ・・・
そしてその苛立ちがあの炎でケツに火がついた瞬間、自分の中で爆発して「うっきゃー!」とコントローラーを投げたりしたことも少なからz(ry

>兄弟の多い自分の家庭ではプレステより相当早く64を買ったのはある種当然の流れだったのかなぁーと。

実は私にとってもプレステより早く家に来たのが64でした。

そのせいかプレステ全盛期をプレステで過ごせず、プレステのFFやドラクエの話題にはついていけず涙を飲んだクチですが、今思えばそれに負けないぐらいマリオシリーズやゼルダやゴールデンアイをやりまくった思い出が自分にあって良かったなーと。

それ程改めてよくできてるゲームだと痛感しました。

特にマリオ64は
「ゲームをやることの純粋な楽しさ」
を感じるゲームとして、
ある程度年を食った今でも充分楽しさを感じたという点で
よくできてるなぁーと。

そしてゲームをやること自体が排他的なイメージが大きい中で、
64ならではの大人数でも楽しめるゲームってのが「楽しさ」の中でも一番重要ですね。

楽しさを共有するための交流ツールとしてのゲーム。
ゲームがいくら進歩しても、子供達の交流の手段の一つとしても、この任天堂のゲームのカタチは変わらずいて欲しいものですなぁ。
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。