スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギガドリル再び

数日前、ひょんなことからグレンラガンの再放送を見るチャンスがありました。

しかも見たのは第7話「それはお前がやるんだよ!」。

もう兄貴信者としては第一部にギリギリ滑り込みで間に合った訳で、嬉しくて俺涙目。

そして、いざOPが始まり、夜更けに眠い目をこすりながら頑張って一話全部通して見てみたのですが。。。

いやぁ、一気に目が醒めましたね。

恥ずかしながら、僕は今年の放送時は全部ニコニコで追っかけて視聴するしかなかったのですが、PCのフラッシュ動画といざTVの大きい画面で見るのでは完全に別モノ、ややおおげさに言えば『別のアニメ』と呼べるものでした。

何が違うって、とりあえずグレンラガンは毎話のように細部に渡って本当に良く動くアニメなんですね。

それをネットから流れる動画では、特に戦闘シーンのような動きまくる画では、たとえニコニコでも処理が全然追いついてなくて画像が荒くなる時もしばしば。早い話、一体何が起こってるのか分かりにくい。

それがテレビだと言うまでもなく完璧に細かい点まで表現できている訳で、ひどい話、僕は今までグレンラガンの何たるかをまだ全然分かってなかったんじゃないのかと。

良く動くアニメだと言うのはネット視聴の時からも重々感じてたことではあったんですが、実際に体感するとしないのでは全く想像が違いました(汗)

戦闘シーン以外にも例えば、第7話だと『グレンラガンが敵の巨大ガンメン・ダイガンザンに崖っぷちまで追いつめられる』というシーンがあるんですが、そこで実はシモンが僅かながら舌なめずりをしているんですね。

実際はシモンは敵に追い詰められたと見せかけて、自分の術中に相手をハメているのですが、そこで見せるほんの僅かな『舌なめずり』が、シモンがこの時点ではまだ兄貴に追従する弟分に過ぎないが故に、余計に『あのシモンが舌なめずりをしている』という意味からもたった一つの仕草が非常に印象的に、かっこよく映るシーンなのです。

しかしながらその『舌なめずり』も正直ネットで見ていた時は、口元の僅かな変化の為か僕は全く気付きませんでしたし、こういった隠れた名シーンも他にもまだまだ見落としてる気がしました(´・ω・`)

ネットでアニメが視聴できることは都会に住んでない者としては非常に有り難いものです。

しかし一方で、手軽に鑑賞できるネットでは、画質としても毎話完全に表現しきることができない。

そういう魂が篭もったアニメこそ、本当に視聴者としても金を落とすに、またはテレビでしか見ることができない作品として値するものなのかと思いました。

とりあえず、、、、

次の日に僕が、レンタルショップにグレンラガンのDVDを借りに走ったのは言うまでもありませ(ry
スポンサーサイト
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。