スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイイレ10日記③

まずは今週の漫画各誌の感想でも...

以下ネタバレ嫌いな人はUターンをば!







~スピリッツ~

邪眼は....月輪に飛んだ!!

ということで短期集中連載、藤田氏入魂の一作『邪眼は月輪に飛ぶ』がついに完結しました。

最初から最後まで、いや~こらドエレーおもろい漫画だったば!(誰

改めて思ったのは、うしとらのヒョウ(字が変換で出ない)しかり、今回の鵜平しかり、この作者が描くオッサンはホンマにイカしているということ。

そして『はいてくしゅーず』という可愛らしい言葉の響きが、妙に藤田先生らしかったのが嬉しかったです。

これからも願わくば氏には少年サンデーにて変わらず少年漫画に風を吹き込んで欲しいものですが、たとえ少年向け作品から淘汰され青年誌に場所を移したとしても、一人の才溢れる漫画家として私は応援していきたいです。

今はただ、『邪眼』という作品に対してありがとう、と言いたいですね。

短い期間ですが熱筆お疲れさまでした。






~ジャンプ~

ちょっwwww

イヴレギュラー化かよwwww




いや、他の漫画にも色々言いたいことはあった気はしますが、その衝撃で全て消し飛んでしまいました。
作者前作のキャラをチョイ役ではなくレギュラー固定させるとは、この漫画、本当に何でもアリになってきてますね。


さすが矢吹先生!そこに痺れる憧れるゥッ!


....まじめな話、先生、作家生命削ってると思うんですがどうなんでしょうか...(;・∀・)
エロ→一般向け作品に転換して成功した作家の例は多いですが、逆のパターンを一度描いてしまうと次からはもう少年漫画では無理なのでは..と不安が頭をよぎります。







~月マガ~

カペタがやばい。

今までのカペタは、いい意味で゛一般人に近い努力型の天才゛だったと思うんですが、今回でかなり゛周りも省みない暴走型の天才゛という色が強くなってきました。

まるでかつての大吾を見ているようで懐かしくはあるんですが...

このままだとモナミのことすら眼中に無いまま突っ走りそうで怖い。(そしてモナミはナオミの元へ..)
それはモナミとカペタがくっつくことを応援してる私としては尚更危惧する所(´・ω・`)

まあ、これこそ曽田先生らしい『悲しき天才』の描き方とは思うんですが...一体どうなるんざんしょ。

あと何気に今インターハイ編が面白いのが『DEAR BOYS』。

全国大会常連、強豪・秋田城北と瑞穂のシーソーゲームは戦術、個々の疲弊する体力などの要素が絡み合って臨場感タップリで見応えがあります。

この漫画の良い所は、全国でも屈指のエース哀川が強いのは当たり前なんですが、彼以外の瑞穂のスタメンは決して全国トップレベルの選手とは言い難いんですが、それぞれ堅実に良い働きをして、戦術やサブメンバーとの交代を駆使して結果『チームとして戦う』ことの魅せ方が上手い所だと思います。

バスケ漫画としてスラムダンクに並ぶ長期作品、今後のクライマックスは必見!(ぉ




さて、ここからは一部の方以外は読んでも余り面白くないだろうウイイレ日記の続きです...

スポンサーサイト

続きを読む

カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。