スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かい秋の何と過ごしやすかったことか。

てことで・・・

私の中での四季の中で一位の夏のポジションを脅かすほど、急激に秋の評価がアップしていた今日この頃。

最近まで窓を全開にして部屋にお香をたくのが好きでした。

まあもうそろそろ、また窓を開けるのも億劫になるほど肌寒くなってきましたが・・
せめて1日でも長い間、この麗らかな秋の日和が続いてほしいと願う中で、今日はこんなお話。

▼必修科目未履修問題
連日この話題が世間を賑わせてますが・・

とりあえず私の中でこの問題で感じた点は、そもそも今回の騒動の根本で考えなければいけないのは履修漏れが問題なのではなく、今の教育体制自体が限界があるのではないのか、ということ。

つまり今まで必修で教えていたカリキュラムを短い時間数でこなさねばならないゆとり教育の軋みが露呈した結果が、履修漏れという事態に繋がった訳であり、たとえ今回補習という形で対応したとしてもまたいずれ違う形で綻びが生じる気がします。
ゆとり教育実施以前にも”履修間違い””内申改竄”は水面下で行なわれていたと聞きますし、これからも学校教育だけではカバーできない勉強科目についてはもっと増えていくでしょう。

つまる所、教育システムを
・必修科目そのものを削減する
・週休2日制を廃止する
のいずれかの点で改善しなければ゛教えること゛と゛勉強する時間゛のバランスがとれないところまで来たと考えられます。

かといって例えば必修科目を削減した場合、将来社会に出て専門分野に進む者ならいざ知らず、全く専門ともかけ離れた世界でも生きていく場合、世間一般の常識レベルの知識が培われるのはやはり高校までの勉強だったりする訳です。

その勉強が必修を削ることで疎かになるのはどうなのか?

また一度基盤から改革した週休2日という制度を、旧来の週休1日制に戻すというのも果たして゛改良゛したシステムと言えるのか?

と口で言うほど簡単な問題ではないんでしょうが、個人的な意見を述べるなら、上記の二案の中ならやはり週休2日制の廃止がうまくいくと思うのですが・・

今後の子供たちも゛ゆとり世代゛なんて皮肉めいたこと言われるの嫌でしょうしね。

以上
もはや世界史の知識があやしい輩からの戯れ言でした。

▼漫画の立ち読みについて

立ち読み常習犯の私らしくもなく、先週まで、少年ジャンプは二週、ヤングサンデーは一週、モーニングに至っては三週連続で立ち読みをサボっていました(´・ω・`)

いざ読んでみて、少年ジャンプは二週空けても話の内容を追うのも全然影響なかったのですが(それ自体が今のジャンプの衰退を現してる気がするのですが)、
一週読み逃したせいで激震が発生したのがヤングサンデー・・・というか「クピドの悪戯」。

二話前まで主人公にきつく当たっていた会社の美人女上司が、先週いきなり主人公と

ベ ッ ド イ ン し て い ま ん た (゜□゜)

ちょwwww展開はやすぎwwww

このへんが社会人の恋愛を良く表現しているのか・・・

とりあえずは二人はこれから付き合うことになりそうですが、自分の彼女が上司とか考えるだけでやりにくいだろうなぁ(´・ω・`)

仕事柄どうしても女難が付きまとう主人公阿川君。
彼の今後の女性の扱い能力の更なる飛躍に期待ですかね。

さて・・・最近ですが・・

日々の中で立ち読みをすることがやや億劫になってきました。

今までは週刊漫画が発売された日は意気揚々とコンビニや本屋に乗り込み時間も惜しまず立ち読みに精を出していたんですが、定期的な立ち読みの習慣から離れかけてる今、よくよく考えてみると一週間の中でかなりの時間を立ち読みに浪費してる気がしてきました。

私が大抵の漫画に目を通す少年三大誌やビッグコミックスピリッツ、ヤングジャンプといった雑誌はじっくり読めば軽く20分近くかかるので週累計では実に数時間は立ち読みに時間を当てていることになります。

特に木曜日は水曜発売の少年マガジン、少年サンデー、木曜発売のチャンピオン、ヤングジャンプ、ヤングサンデー、モーニングの計6誌(!)をまとめて立ち読みすることが多いので、木曜日だけで軽く一時間~一時間半は立ち読みしていました(汗

冷静に考えると・・・いやいや迷惑な客ですね(´・ω・`)

正に『魔の木曜日』な訳で、コンビニなどでは立ち読みした場合は申し訳程度にコーヒーを買いますが、漫画喫茶の料金の相場を考えると一時間半という実際の読書時間の対価としては全く足りないくらいです。

ただ、立ち読みをしていて思うのは立ち読みを許可している店ほど客足は多いということ。

その傾向は本屋を例にした場合顕著に現れるでしょう。

本にビニールカバーを施し立ち読みを全く許可しない本屋。
新冊に限らず全ての本の立ち読みを許可してる本屋。

ユーザーとして、ついつい足を運んでしまうのは後者でしょう。

無論立ち読みをしている者全てが何らかの本を購入していく訳ではありません。

しかし立ち読みによって客が賑わってる店は、活気もあって道歩く人も呼び込みやすい雰囲気があります。

つまり立ち読みを許可することによって店側は集客効果が増し、しいてはそれが店の売り上げに繋がると感じる訳です。

現にあくまで私だけに限った話ですが、私が本を購入した店は、圧倒的に立ち読みができる本屋さんの方が多いです。

立ち読みをする為に足を運び・・試し読みをしているうちに余りの面白さについついお買い上げ・・というパターンです。

特にどれだけ前評判が高い作品でも、いわゆる゛初モノ゛の購入に慎重な私のような者にとって、この中の『一度試し読みができる』段階がとても有り難かったりするんですよね。

つまり立ち読みを許可するということは
【客側】
読み続けている気になる漫画にも目を通せ、まだ読んだことはないが購入しようか迷っている作品も試し読みできる。

【店側】
客足が増え店に活気が出て、そこから店に金を落とす客も生まれる。

と、客にも店にも良いことづくめな訳ですよ!(・ω・)/

確かに近年は漫画喫茶やネット喫茶といった店が増え、立ち読みができる本屋さんは減ってきてます。

しかし(特に幼少時代)お金に余裕がない時でも気軽に漫画を読める喜びを伝えていくためにも、これからも立ち読みできる本屋さんを大事に残していって欲しいと願う今日この頃です。

と、所詮迷惑行為の枠を出ない立ち読みという行為を、自分本位に精一杯弁護をしてみたところで・・・今日は終わりたいと思います。

かしこ
スポンサーサイト
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。