スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤木しげるという物語

さてさて・・今日は自分が麻雀を良く打っていた頃にハマっていた作品を取り上げたいと思います。

天-天和通りの快男児-/福本伸行  ★★★★★
(★は満点で5 ☆は★の1/2の評価)

天―天和通りの快男児 (1) 天―天和通りの快男児 (1)
福本 伸行 (1989/08)
竹書房
この商品の詳細を見る


全18巻

あらすじ:
大学受験を控えたは井川ひろゆき(ひろゆき)は小遣い稼ぎに雀荘で『理詰め』の麻雀を駆使して荒稼ぎしていた。
しかし勝ちが積もりすぎた為、遂に負け組が助っ人として天貴史(天)に声をかけ、ひろゆきと天はサシ馬勝負を行うことになる。勝負は天がオーラスに放ったイカサマ臭い天和九蓮宝灯で逆転、ひろゆきは敗北を喫する。これを機にひろゆきは天と交流を深め、更にはヤクザの沢田との出会いもあって、ひろゆきは代打ちと言われる裏麻雀の世界に足を踏み入れていくこととなる。

スポンサーサイト

続きを読む

カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。