スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決明子

ブログテーマに「漫画と音楽」を謳ってるのに漫画しか挙げてないのもナンなんで、今回は音楽に触れてみたいと思います。

音楽レビューに関して、とある方々のレビュー形式を大変参考にさせて頂きました。この場を借りてですがお礼申し上げますm(__)m

ケツメイシ/ ケツノポリス2 ★★★☆
(★は満点で5 ☆は★の1/2の評価)



ケツノポリス2との出会い:
出会いはとあるレコード屋で流れていた「トモダチ」だった。

このアルバムが発売された02年当時、ラップ音楽としてメジャーシーンではKICK THE CAN CREWやRIP SLYMEが台頭し、正直私はケツメイシという存在を知らなかったし、実質この「ケツノポリス2」がメジャー1stアルバムとなる彼らは世間的にも知名度は低かったと思う。
ただ、RIPやKICKにしろ共通することは共にノリの良いサウンドにラップを乗せる形態であること。
まずサウンドありきで、歌詞も日本人にも分かりやすい英語を積極的に取り入れることによってグルービーな音に仕上げる曲風が多かったと感じる。

ここでKICK THE CAN CREWやRIP SLYMEを批評する気はない。共にJ-POPにラップシーンを根付かせた意味では欠かせない存在だ。

しかし自分の耳に飛び込んできた「トモダチ」はそんな従来のラップミュージックとは一線を画すものであった。
日本語を基調とした歌詞、聴く者の心を一瞬で掴む洗練されたバラードの旋律。
新鮮で衝撃的な音がそこにあった。

すぐにアルバム「ケツノポリス2」を聴いてその想いは確信に変わる。レゲエあり、パーティチューンあり、心に響く数々のバラードありと多様な音楽性で彼らの音楽の懐の深さが十二分に染み出した作品であり、どの曲も高い完成度、アルバムとしても見事に纏まっている。

以後「トモダチ」の大ブレイクをキッカケにケツメイシはメジャーシーンを駆け上がっていく。
そして「ケツノポリス2」は文字通り金字塔として彼らの歴史に刻まれる傑作であるという考えは発売から三年以上経った今も揺ぎ無い。

では、次に曲ごとに対する簡単なレビューを通してケツノポリス2の世界を覗いてみたいと思う。

(続きは今回もハンパじゃなく長いです!準備はいいですか?(・∀・)(ぇ)
スポンサーサイト

続きを読む

カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリー
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

M・E・R

Author:M・E・R
♂です。黒霧島が好きです。

※当ブログはリンクフリーです。

※記事と余りにかけ離れた内容のコメントはこちらで削除させて頂く場合があるのでご了承を。

LINK
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。